top

 途方もない宇宙の広さを実感できる身近な星の大きさをわかりやすく視覚化した映像や画像は過去にもお伝えしているが、近ごろ惑星よりもっと小さな天体のサイズに着目した比較動画が話題になっている。

 このほど反響を呼んでいる映像は、アメリカニューヨーク市に浮かべた小惑星の大きさ比べで、中には元小惑星なども含まれている。

 とはいえ都市スケールならもっと身近に感じるかも!なんて期待は抱いちゃいけない。

 最初のうちは身近でも、驚愕の大物がどんどん出現。予想を裏切る大きさに度肝を抜かれることうけあいだ。

―あわせて読みたい―

ちょっとビックリするような、宇宙の大きさについての真実
世界地図の国の大きさって違くない?地図に描かれた国の大きさと実際の大きさを比較してみた。
「私の悩みなんて宇宙の大きさに比べればちっぽけなものだ」じゃあ実感してみよう。宇宙の大きさがわかるズームアウト動画
デススターってこんなに小さかったの!?スターウォーズの世界を地球上の現実世界に持ち込んでみた面白比較映像
植物のサイズ差が凄い!極小の盆栽から100mを超える巨木まで、樹木の大きさをCGで比較した動画

ASTEROIDS Size Comparison

ニューヨーク市で展開。小惑星の大きさ比べ

 この動画は今年2月半ばにMetaBallStudiosが、ニューヨーク市の上に小惑星を小さいものから並べたもの。(番号は小惑星の登録番号。サイズ英語版wikipediaを参考にしたもよう)

最初は4m程度から
スクリーンショット-(1878)

1. 2008 TC3
 2008年10月7日に発見され、翌日に地球の成層圏(スーダンの砂漠上約37km)で爆発した元小惑星。その破片が隕石として発見・回収された。

 が、そこからサイズがどんどん加速… 
スクリーンショット-(1885)
2. 2014 RC
 2014年9月1日ごろ発見され、およそ5日後に地球から約40,000km離れたところを通過した小惑星。ちなみに地球から月の距離は約384,400 km。

3. 2004 FH
 2004年3月15日に発見され、およそ3日後に地球から43,000km離れたところを通過した小惑星

4. 99942 アポフィス
 2004年6月に発見され、2029年に地球から32,500km離れたところを通過すると予測されている小惑星

5. 69230 ヘルメス
 1937年10月に発見され、2003年に地球から約720万km離れたところを通過した小惑星

6. (29075) 1950 DA
 1950年に見つかり1950 DAと命名された登録番号29075の小惑星2001年に地球から約780万km離れたところを通過した。


ここからは1km超え。
もうニューヨーク市をはみ出てるような…?
スクリーンショット-(1881)
7. 4769 カスタリア
 1989年8月に発見されてまもなく、地球から0.027AU離れたところを通過した小惑星。AUは天文単位で、1AU=地球と太陽の距離約1億5,000万kmとほぼ同じ。

8. 719 アルベルト
 1911年に発見されたがその後行方不明になり、2000年になって再び発見された小惑星

9. 3200 ファエトン
 1983年に発見され、2017年に地球から約1030万km離れたところを通過した小惑星。かつては彗星だったと考えられている。


そこから一気に200km台まで!
というかここどこ?
スクリーンショット-(1882)
10. 433 エロス
 1898年に発見され、2012年に地球から0.18AUまで接近した小惑星

11. 243 イダ
 イダ(アイーダ)太陽系小惑星のひとつ。コロニス族。1884年に発見され、1993年8月28日、木星探査機ガリレオがイダの近くを通過し、観測を行った。最接近時の距離は10,500 km。また、イダは二重小惑星であることが初めて確認された小惑星である。

12. 323 ブルーシア
 1981年に発見された小惑星

13. 1902 シャポシニコフ
 1972年に発見された小惑星

14. 5 アストラエア
 1845年に発見された小惑星

15. 20 マッサリア
 1852年に発見された小惑星

16. 45 ウージェニア
 1857年に発見された小惑星


ついに500km台の大物も!
それでも比較は終わらない
スクリーンショット-(1883)
17. 87 シルヴィ
 1866年に発見された小惑星

18. 52 エウロパ
 1858年に発見された小惑星。木星の衛星エウロパと同名。

19. 10 ヒギエア
 1849年に発見された大型小惑星

20. 2 パラス
 1802年に発見された大型小惑星


最後は準惑星に格上げされたケレスで終了!
まさかこんなスケールになるとは…
スクリーンショット-(1884)
21. 4 ベスタ
 1807年に発見された大型小惑星。とても明るいため条件がそろえば肉眼で見ることができる。

22. (1) ケレス (準惑星)
 1801年に発見され、2006年小惑星から準惑星に分類された。

 
 直径4mから1000km程度まで。こんなのがゴロゴロある宇宙ってやっぱ途方もないや…てかこの映像何回でも見れちゃうわ。

References:youtube / wikipediaなど /written by D/ edited by parumo

追記(2020/02/27)本文を一部修正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52288250.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

ぴったりだったもんだから...猫用ドアを顔でふさぐ犬とそこを通ろうとする猫
落下注意な木登りパンダ「無事下りられた?」と世界中から心配される
干ばつが続くタイで、脱水症状のヘビにお水を与えるハイカー
それでは応援しよう。草むしりする男性の背中に鎮座し癒し続ける風な猫
UFOなの?宇宙カメラのライブ映像で国際宇宙ステーションを追い続ける飛行物体が捉えられる

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

地球に衝突するリスクのある地球近傍天体が11個特定される(オランダ研究)
2020年1月は過去141年間で最も暑い1月だったことが判明 
地球はどうやってできたのか?太陽系最遠の小惑星アロコスが教えてくれること(米研究)
パイロット、グッジョブ!暴風雨の中、機体を斜めにしながら見事旅客機の着地に成功(イギリス)
宇宙の奥深くから届く謎の電波シグナルに16日の周期が確認される
これまでに発見された小惑星の大きさをニューヨーク市と比較してみた