[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

 ノムさんのボヤキ、ハリさんの喝。

 共通点は毒舌だ。当たり障りのないことしか言わない野球評論家が多いなか、球界のご意見番として圧倒的な存在感を放っていた両巨頭の一角が欠けた。11日に野村克也氏が84歳で亡くなった。16日放送のTBS系サンデーモーニング」に出演した張本勲氏(79)が、思い出を振り返って追悼した。

 「残念、寂しいですね。先輩ではありますけど、必死に戦った相手ですから。楽しいことは1回もなかった。野村さんの素晴らしいところは観察力。采配はそうでもないですよ、普通です」。監督として日本一3度の名将を「普通の采配」と言うのが、ハリさん流の弔いだ。

「ノムさんの采配はそうでもない」が…

 優れた観察力の例としてヤクルト監督時代の教え子だった飯田哲也選手を挙げ「最初はキャッチャー。しっかり観察してセンターにした。これにはびっくりした。足が速い、肩が良い。普通の指導者はあそこまで気が付かない。選手としても指導者としても一流。80年くらいのプロ野球史の中ではほかに川上哲治さんくらい。残した功績は非常に大きい」と賛辞をおくった。

 ともにパ・リーグを代表する強打者として一時代を築き、タイトル争いでもしのぎを削った2人には浅からぬ因縁がある。現役時代、捕手だった野村氏は打者に話しかけて集中力を乱す「ささやき戦術」を得意にしていたが、張本氏は打席でスイングした後、故意に野村氏の頭にバットでたたいたことがあるという。

 「私の打席の時もいろいろとささやかれたから、わざと空振りしてバットで頭に当てた。もちろん怒られたが『もうお前には(ささやきは)言わん』と。それからはなくなった」と告白。いまでこそ捕手がヘルメットを装着するのは当たり前だが「ヘルメットをかぶってなかったから、ちょっと手加減したけどね」と昭和の香りが漂うエピソードを明かした。

・今すぐ読みたい→
今シーズンのプロ野球12球団中6球団の監督がノムさんの教え子!「金を残すは三流、名を残すは二流、人を残すは一流」の金言どおりに https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-disciple/

やられても引き下がらないノムさん「張本は…」

 やられたままで引き下がる野村氏ではない。2015年に、野球中継のテレビ解説をしたとき、張本氏の話題になると「張本はバッティングだけしか興味がない。守備なんて、いないも同然。朝の番組でいろいろ言ってるけど、選手を批判する資格はないですよ。彼と同じ世代として『お前、人のこと言えるのか?』とテレビに向かって文句言ってるよ」と、こき下ろした。

 言い出したら止まらない。続けて「張本は内野安打の時のファーストまでのスピードは速い。でもピッチャーゴロの時は走らない。バッターボックスからUターンしてくる。あれ(張本)のそばで、この話はしゃべれないですね、手が早いから。バーンとぶんなぐられます」。執念深いノムさんが、年下にやられた「バットでゴツン事件」の屈辱を忘れるはずがなかった。

 重鎮コンビの「名勝負」がもう見られないのは残念だが、天国のノムさんの分まで、ハリさんが「喝」を飛ばしてくれるはずだ。

[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
今シーズンのプロ野球12球団中6球団の監督がノムさんの教え子!「金を残すは三流、名を残すは二流、人を残すは一流」の金言どおりに https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-disciple/

ノムさんのボヤキ、ハリさんの喝「ノムさんの采配は普通だけど…」、「張本の打撃以外は…」