本部長マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。2月19日(水)の放送は、“BiSHの生みの親”でもあるWACK代表取締役渡辺淳之介さんがゲストに登場しました。


浜崎美保、渡辺淳之介さん、マンボウやしろ


◆“大検”を受けて早稲田に入学!
やしろ:渡辺さんは、高校を中退されているということですが……。突っ込んで聞くのも事情があると思うので失礼かもしれないんですけど。お話できることであれば。

渡辺:学校に行っていなかったんですね。いわゆる“先生”って嫌いじゃないですか、みんな。

やしろ:そうですね。思春期のときは。

渡辺:褒められたこともないし、怒られることしかなくて。それと、バンド活動をやっていて、そっちが楽しくなっちゃって。遊び歩いているうちに、朝起きられずに、学校に行かなくなって……。

やしろ:そして、学校をそのまま辞めてしまうと。でも、なんとそこから“大検”を受けるんですよね。

渡辺:そうですね。大検を受けました。

やしろ:“大学は行っておきたい”と思ったということですか?

渡辺:そうなんですよ。僕、レコード会社に入りたかったんですよ。

やしろ:バンドで食べていこうというよりは、音楽業界で。

渡辺:そこは、微妙に“安定志向”というか、(バンドは)長くは続かないだろうという気持ちがあって。

やしろ:リスクが高すぎるギャンブルかなっていう。

渡辺:そうですね。そこで、“裏方って、一生音楽やれるじゃん”と思ったのと、レコード会社がちょっと“カッコいい”かなと、肩書的にもモテると思って。

やしろ:モテそうなイメージはありますよ。

渡辺:スマートな感じで。それで、入ろうと思ったら、就活本に“有名大学くらい出ていないと入れない”って書いてあったんですよ。そこで、“これは大学に行くしかないな”と思って、入りましたね。

やしろ:その大検を受けて入ったのが早稲田大学ですからね。僕なんか、1浪しても行けなかった大学ですから。そこでじゃあ、無事にレコード会社に入社するわけですね。

渡辺:(入社)できなかったんですよね。

やしろ:できなかった!?

渡辺はい。大学に入ってからも、先生があまり好きじゃなかったので。

やしろ:何なんですか? その天の邪鬼な感じ。反骨精神というか。

渡辺:それで、また大学に行かなくなって……結局卒業するのに、6年間もかかっちゃったんですよ。

やしろ:大検まで取っていたのに。

渡辺:(大学も)中退しようかなと思ったんですけど、親が泣きながら「大学くらいは……ちょっと最後はまっとうしてくれ」って言われて。なので、卒業式は母親と2人で一緒に号泣です。

やしろ:(笑)卒業式に一緒に行ったんですね、お母さんと。

渡辺:すごかったです。僕の中学とかの卒業式はきていないのに。大学だけものすごく張り切って、“初めて卒業できた!”っていう。

やしろ:それは嬉しかったでしょうね。お母様は。

◆当時は大人をバカにしていた
やしろ:それから、なんとかレコード会社に入るんですよね。

渡辺レコード会社には入ったのですが、僕のなかでは知らない会社で……。僕のイメージでは、「エイベックス」とか「ソニー」みたいな、いわゆる“メジャーレコード会社”に入りたかったんですけど、総スカンでしたね。

やしろ:えー!? 早稲田でもダメなんですか?

渡辺:面接に通してもらった所はいくつもあるのですが、“生意気”だったんですよね。面接官の方たちが“先生”みたいに見えちゃったんですよ。

やしろ:尾崎豊のほうのやつですね。ヤンキーというか。

渡辺:そうですね。なので、(面接で)けっこう生意気な口を利きまくりまして。1社だけ、(今も)付き合いがある会社の社長にマジギレされるという。

浜崎:面接でですか?

渡辺はい。

やしろ:今出禁みたいになってないですか? 大丈夫ですか?

渡辺:今は友好的にお付き合いをさせていただいて。

やしろ:“あのときの……”みたいな。

渡辺:それは一切バレていないです(笑)

浜崎:言えない(笑)

やしろ:そういう大人たちに対して、“手放しで信用できないな”とか“思い通りにさせたくない”っていうのはあったということですか?

渡辺:そうですね。当時は、大人のことを舐めていたというか。本当に“バカばっか”だと思っていたので。“YouTubeとかお前ら知らないだろ”みたいな感じの雰囲気で臨んでいたので、嫌な奴でした。本当に。

やしろ:今、話を聞いていて、BiSHとかプロデュースもされて、テレビにも出ていて、“挫折とかないんだろうな”っていう先入観で見ていましたけど、いっぱいつまずいているんですね。

渡辺:今でもそうですけど、つまずきまくりというか、怒られてばかりの人生を送ってきています。

やしろ:それでも今、上手く仕事がいっている要因として、何か根底にあるものってありますか?

渡辺:他のことに興味がなくて。音楽しかできなかったので、“諦められなかった”というのが1個あるかもしれないですね。

やしろ:だから“潰しの利かない人”なんですよね。

渡辺:そうですね。なので、僕から音楽を取り上げられたら、本当に死んじゃうかもしれない(笑)

◆「本当に好きなことは諦めない」
やしろ:もし、今聴いている若い人達に向けて、何かちょっとメッセージを頂けたら嬉しいんですけど。

渡辺:そうですね。“諦めないことが大事”。

やしろ:諦めない?

渡辺はい。僕、音楽業界のなかでも、すごく嫌われていたんですよ。“こいつだから扱わない”とニュースにしてもらえなかったりとか。けっこうあったんです。

やしろ:えー!? 酷い。

渡辺:だけど、年月が経って、諦めずにやっていると、いつの間にか嫌われていた人とお酒を飲み交わす仲になって。そういうことってあって。大人になっちゃうと、すぐ“これ自分じゃ無理だし”みたいな。思っちゃうじゃないですか。

やしろ:わかります。仲良くもなれないだろうし、文句を言っている奴とは“もう二度と会わなくていいや”とか。

渡辺:そう。そっちのほうが楽なんですけど。でも、本当に好きなことは諦めない。僕の周りにも、諦めちゃう人たちがすごくいたので、“諦めなきゃいいのにな”っていうのはいつも思うんですけど。

やしろ:なんで嫌われていたんですか?

渡辺:……生意気だったんでしょうね。

やしろ:ずっと生意気じゃないですか(笑)。高校時代から話を聞いているけど、多分中学も生意気なんでしょうね。

渡辺:そうですね(笑)

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月~木曜17:00~19:52
パーソナリティ本部長マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイトhttps://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter@Skyrocket_Co
“BiSHの生みの親”渡辺淳之介「大人を舐めていた」つまずきまくりの人生を振り返る