女優の橋本愛NEWSの増田貴久が27日、都内で行われた『連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件』完成報告会に出席。増田が、橋本と松本まりかの女優としての振る舞いに「女優すげーな、って思った」と驚いたことを明かした。

【写真】シースルーのドレスで登場した橋本愛、全身ショット 『パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件』完成報告会にて

 同作は、柚月裕子の小説を原作にしたヒューマンミステリー。不本意ながら市役所の福祉課で嘱託職員として働く牧野聡美(橋本)と、同僚・小野寺淳一(増田)が、信頼していたベテランケースワーカーの死をきっかけに、福祉や市政、医療を取り巻く闇に巻き込まれていく。

 イベントには橋本、増田、松本のほか、北村有起哉、那須雄登(美 少年/ジャニーズJr.)、小林聖太郎監督が登壇した。

 高校生くらいのときから“だいたいのことは2対8になるのでは”という思考があったという橋本。オファーを聞いたときの感想を「同じ数字が企画書に書かれてあって、これはやらなければいけないし、運命的な何かがある、っていうのを感じて」と明かした。「それでやるって決めちゃったので、あとからつまんなかったらどうしよう、って(笑)」と少し不安もあったようだが、「でも大正解でしたね」と笑みを浮かべた。

 ケースワーカーという役柄もあり、ひとりひとりと向き合うシーンが多かったという橋本は「こんなに違うんだ、っていう。同じプロでも種類が違うというか。小野寺さんと向き合うときは、増田さんとしか生まれないものがあって、それは誰一人同じものはなくてっていう、この立場だからこそ味わえる楽しみはものすごくあって」と熱弁した。

 オファーを聞いたときは、驚いて「誰からきた話? なんで?」とマネージャーを質問攻めにしたという増田。プロデューサーから手紙ももらったと話し「感動して、内容を見る前にやりますって言わせてもらったんです」と心境を明かした。

 タバコを吸うシーンでは、うまくできずに髪の毛が燃えてしまったという松本。それを見た増田は「女優すげーな」と思ったそうで「リハーサルだったんですけど、髪の毛燃えながら続けてるんですよ。僕、水、水、水!ってなって」と慌てた素振りを再現してみせた。続けて「でも橋本さん続けてたので『なんだこいつ』って」と驚いたことを告白。松本は「燃えた、やばい、恥ずかしいけど続けなきゃ、って。かっこつけてたんでしょうね。燃えてないよ、って言いたかったんだと思います」と笑っていた。

 『連続ドラマW パレートの誤算~ケースワーカー殺人事件』はWOWOWライムにて3月7日より毎週土曜22時放送。

WOWOW『連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件』完成報告会にて  クランクイン!