ザルツブルクは27日、嵐による悪天候のため、同日に開催が予定されていたヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32のザルツブルクvsフランクフルト2ndレグが延期となったことを発表した。

報告によると、同試合の開催地のザルツブルクでは風速33mのハリケーンに見舞われており、安全確保が保証出来ないことから、UEFA(欧州サッカー連盟)と両クラブの間で延期の決定が下されたとのこと。代替日は未定となっている。

風速33mは、屋根が飛ばされたり電柱が倒れたりする可能性がある強い風。場合によっては家自体が吹き飛ばされる危険性もある。

なお、20日に行われた1stレグでは、日本代表FW鎌田大地ハットトリックなどで、フランクフルトホームで4-1で勝利していた。

サムネイル画像