タレントたむらけんじ(46歳)が2月27日、「高度の突発性難聴」と診断されたことを報告している。

たむらはこの日、「朝起きたら左耳が聴こえづらく、耳鳴りが酷くて、ずっとアラレちゃんが耳元で走り回ってる感じで、キーーーン!いうてる。ネット調べたら突発性難聴の可能性あり。原因は色々とあるみたいやけど、ストレスって書いてた。僕なーんにもストレスなんかないなんて、言わないよ絶対ー!!働いてきます!! #たむけん #こんな時でも休むもんか」と、身体の不調を訴え、ファンから心配の声が寄せられていた。

そして、同日夜、再びInstagramを更新したたむらは「仕事終わってから病院行ってきました。高度の突発性難聴と診断されました。入院してもいいくらいやと言われましたが現実的には入院は無理なので、なんとか工夫して治療してもらいます。とても信頼出来る先生だったのでお任せします。今日はすぐにステロイド点滴してもらって家に帰ってきました」と報告。  

現在は「少し耳鳴りも治まったような、慣れただけかな」という状態で、「早く皆さんの声がはっきりと聞こえるようになりたいです。ほんまにたくさん心配してくれてありがちゃ〜!」とつづっている。