2月26日フジテレビ系TOKIOカケル』にTOKIOメンバーらが出演した。

【別の記事】生田斗真、約20年前のTOKIO松岡の“ある行動”明かし「さすが」の声

番組では今回、ゲストとして坂口健太郎が出演。自身の恐怖体験を語る場面で、遅刻をしてしまったというエピソードを明かす場面があり、この話を受けた松岡昌宏は「遅刻はやだなあ、もうしてないけど、若いときはみんなしましたよね」と共感をみせた。

その後“平均年齢44歳超えのおじさんトーク”と紹介されつつ、TOKIOメンバーらは「年齢いくと(遅刻)しないよね」「昔眠いんだよ」「今起きれるもん」と口々にコメント

さらに「目覚ましより先に起きるね」「まず1回さ、トイレで起きるじゃん。で、『ペース配分あと2時間か』とかわかるじゃん」と睡眠に関する“年齢あるある”を語っていた。

“平均年齢44歳超え”TOKIOが語る生活の変化とは?「まず1回…」