南アフリカの「ディスケム(Dis-Chem)」は薬、コスメ、健康食品など多彩なアイテムが揃っている大手ドラッグストアである。2月21日、毎年行われているビッグキャンペーン「ビューティフェアー」のため、ディスケムの各店舗に「アフリカンビューティ」をテーマにした装飾が施されることとなった。しかしある店舗に飾られたマネキンが「人種差別的だ」とSNSで話題になってしまった。『TimesLIVE』など複数のメディアが伝えている。

問題のディスプレイがあるのはヨハネスブルグの「キラネィモールKillarney Mall)」で、ゴザの上に紙で作った藁小屋、アニマル柄のシートの上にスプーンなどの木製品が飾られている。これだけでもかなり完成度は低いが、問題はその横に立つマネキンだ。白人のマネキンがアフリカの生地で作られた服を着て立っているが、顔だけ雑に茶色いファンデーションが塗られている。しかも被せられた髪はボサボサで、どうみても美しくはない。マネキンのサイズも小屋より大きく、製作者が手持ちのアイテムで作った感がありありとうかがえる。

これを見た人がSNSに投稿すると、「ミスとかのレベルではない」「人種差別」「このディスプレイを承認したのは誰だ」など怒りのツイートが相次いだ。『Business Insider South Africa』がすぐに対象店舗に向かったが、すでにマネキンは撤去されており、違うディスプレイになっていたという。

『SowetanLIVE』がこの店舗のマネージャーであるヤン・オッパーマンさん(Jan Opperman)に問い合わせたところ、「このキャンペーンは本社から直接指示があった。私たちは毎年、テーマに合わせて違ったディスプレイをしなければならない」と回答。さらにこのディスプレイを承認した人物について尋ねたが、電話を切られてしまったそうだ。

ディスケムのマーケティング担当であるオバケン・モドゥブさん(Obakeng Modubu)によると、1年に一度、本社からディスケム全店舗に言い渡されるキャンペーンはこの「ビューティフェアー」だけとのこと。そのため本社からの指針通りに行うことが重要であるという。ビューティフェアーのキャンペーンには、パンフレットソーシャルメディアで使う一連のレイアウトなどアートワークも指針に含まれており、キラネィモールキャンペーンで使ってはいけないアイテムであるマネキンを使用していたことにモドゥブさんは驚いている。

ディスケムは「今回の件は悪意や侮蔑を意図するものではありません。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。現在、最優先で調査を行っております」と発表している。

画像は『TimesLIVE 2020年2月21日「‘It was an isolated incident’: Dis-Chem apologises for black face mannequin」』『Miss_Jackie 2020年2月22日Twitter「@Dischem This is very insulting mxm…」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト