日本と台湾の青少年による文化交流の促進を目指す「第17回日台文化交流 青少年スカラシップ」(主催:産経新聞社、フジサンケイビジネスアイ、共催:台北駐日経済文化代表処、特別協賛:アパホテルJR東海、協賛:三井物産、台湾新聞社)の受賞作品が決まり、大賞には東京中華学校高等部1年、岩崎綸央(いわさき・りお)さんのスピーチ「私にはお正月が2回ある」が選ばれました。

今回は、作文とスピーチの2部門合わせて427点の応募がありました。大賞のほか優秀賞には、作文部門の石倉要(いしくら・かなめ)さん(松江市立八雲中学校3年)ら13人が選ばれました。
なお、大賞と優秀賞の受賞者を、3月24日から4泊5日の台湾研修旅行に招待する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により中止とさせていただきます。代わりに、出発日が選べる2泊3日の台湾ペア旅行が贈られます。
受賞者は以下のとおり(カッコ内は学校名、敬称略)。
岩崎綸央さん
【大賞】
《スピーチ
岩崎綸央(東京中華学校高等部1年)
【優秀賞】
《スピーチ岩田怜晟(聖学院高等学校3年)、清水彩也香(横浜中華学院高等部1年)、高橋志織(宇都宮大学4年)、南雲怜花(光塩女子学院高等科3年)、根本順(東京都立深川高等学校3年)
《作文》石倉要(松江市立八雲中学校3年)、岩松端(芝浦工業大学3年)、小川友希(東京都立立川国際中等教育学校3年)、下條円雅(学習院女子高等科2年)、関本晃希(立教新座高等学校2年)、沼上楽(加藤学園暁秀高等学校1年)、村上陽香(立命館慶祥高等学校2年)、吉浜雅(聖心女子学院高等科2年)

配信元企業:株式会社産業経済新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ