詳細画像はこちら

ホットハッチのキーパーソン

textJames Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

  
フォルクスワーゲンの最高技術責任者として、マティアス・ラーベが就任した。セアト社で研究開発を8年間率いてきた彼は、フォルクスワーゲングループ内でのホットハッチ開発について充分理解しているはず。

フォルクスワーゲンにラーベが戻ってきたのは、2019年。新型ゴルフの開発が終わりに近づく中で、技術開発チームをまとめてきた。ゴルフの継続的な開発と、派生するホットハッチバージョンの重要なキーパーソンだといっていい。

詳細画像はこちら
8代目フォルクスワーゲンゴルフGTI

AUTOCARでは、新しいゴルフGTIの開発に関してと、今後のホットハッチに対する考え方をラーベにインタビューした。

ドライバーズカーとしての8代目ゴルフGTI

――ゴルフGTIが本当のドライバーズカーであることの重要性は?

「まず、(ゴルフGTIの)ファンクルマをお届けすることが重要です。率直にお話すると、4代目ゴルフは、GTIというトリムグレードのようなクルマでした。そこで、フォルクスワーゲンは本物のGTIに戻そうと考えたのです」

詳細画像はこちら
8代目フォルクスワーゲンゴルフGTI

ゴルフGTIは、鼓動を速めるような、特別なクルマであるべきです。新しいゴルフGTIも好きになれると、お約束できます」

――ゴルフGTIにハイブリッドを採用しなかった理由は?

わたしは、マイルドハイブリッドゴルフ1.5TSIが好きです。低回転域の太いトルクを感じられますが、車重が増えてしまいます。2.0TSIなら、それ以上のトルクは必要ありません。高性能なクルマの場合、(マイルドハイブリッドは)効果を得にくいと思います」

「今後、燃費向上のためにマイルドハイブリッドの採用数は増えます。しかし、スポーティーな側に立てば、改良を受けた内燃エンジンが求められます。あるいは、プラグインハイブリッドか、純EVという可能性もあるでしょう」

今後も内燃エンジンのホットハッチは続く

――ゴルフGTEの最高出力を向上させる理由は?

フォルクスワーゲンゴルフGTEを、もっとゴルフGTIのように感じさせることが大切です。8代目ゴルフGTEでは、ハンドリングはだいぶGTIに近づきました。加速や減速のフィーリングは似ているといっても良いでしょう」

詳細画像はこちら
8代目フォルクスワーゲンゴルフGTE

ゴルフGTEにはとても滑らかな電動パワートレインが搭載されています。ドライビング性能、ハンドリングや機敏性などは、新しい次元に届いたと感じています」

わたしゴルフGTIのファンの1人ですが、新しい8代目ゴルフGTEは初めて、ドライバーがGTIに並ぶ選択肢だと見ることができるクルマになりました。今後、GTIからGTEへの動きがあると考えています」

――ホットハッチの将来性をどう考えていますか?

「電動化技術の採用で、コンパクトなスポーティカーの可能性は広がっていきます。フォルクスワーゲンは、EVモデルファミリーのID.を発表しました。そこにはスポーティなクルマも含まれますが、従来(の内燃エンジンモデル)とは異なります」

わたしは、プラグインハイブリッドモデルと並行するかたちで、内燃エンジンモデルもしばらく存続すると信じています。ホットハッチの存在は、まだこれからも続くことになります」


フォルクスワーゲンの記事
【VWの技術者トップに聞く】新型ゴルフGTIとGTE、ホットハッチ どれくらい重要なのか Q&A
【先代よりパワーアップ】フォルクスワーゲン 新型ゴルフGTIとGTDを正式発表 ハイブリッドのGTEも
【俊足の長距離ランナーは16ps増】VWゴルフGTD発表 4発ターボディーゼル 199ps
【「R」モデル拡大】VWアルテオン 新しいRとRシューティングブレークを追加 2020年第4四半期/2021年前半発売 欧州

【VWの技術者トップに聞く】新型ゴルフGTIとGTE、ホットハッチ どれくらい重要なのか Q&A