ピエロの仮面をつけた凶悪犯に、ある日突然占拠された病院からの脱出劇を、目まぐるしいストーリー展開で描く3月6日(金)より公開の“謎解き体感ミステリー”『仮面病棟』。本作で、“もうひとりの主人公”とも言えそうなほどの存在感を放っているのが、物語の舞台となる田所病院だ。

【写真を見る】開かずの手術室、隠しエレベーター…『仮面病棟』の舞台となる病院が何やら怪しすぎる!

医師として働く速水(坂口健太郎)は、先輩医師から紹介されたこの静かな田所病院で、当直医のアルバイトとして一夜を過ごすことに。特に問題も起きず、当直室で暇をつぶしていた速水だったが、事態は急転。銃を持った謎のピエロ男が病院への立てこもりを実行。なんとか抜けだそうと院内を探索していく速水だったが、次第に病院のいくつもの謎に隠された“真実”に迫っていってしまう…。

どこか殺風景な外観もさることながら、田所病院でミステリアスなのはむしろその内部構造だ。小さな個人病院ということでエレベーターと階段は1か所ずつだけ。しかも昔、精神科病棟として使われていたなごりから、1階の階段入り口には大きな鉄格子がはめられているのだ。この鉄格子をピエロに鎖で封じられたことで1階に行く手段、すなわち脱出経路はピエロの監視下にあるエレベーターのみになってしまい、病院は脱出不可能な空間へと様変わりしてしまう。

また、田所病院は療養型の病院のため、いまは使われていないという理由から、鎖で厳重に封鎖された手術室もなにやら怪しげな雰囲気を醸しだしている。この“開かずの手術室”、ピエロが怪我を負わせた女子大生、瞳(永野芽郁)の処置をするために内部が明らかになるのだが、そこには何故か最新鋭の手術機材がズラり。院長は緊急に備えてと言うのだが…。

さらに、速水が院内を調べていくにつれ、厳重に閉ざされた資料室や隠しエレベーターの存在も明らかに。そのエレベーターがつながっている先に広がるとある空間が、病院が抱える“真実”のカギを握っており…。

この怪しげな雰囲気が漂う田所病院は、木村ひさし監督が病院特有の空気感にこだわり、北九州市小倉にある移転予定の古い病院に鉄格子などのセットを組んで撮影を行ったのだという。さらに、最新の手術室は、新しく完成した病院の手術室を使って撮影されるなど、随所にこだわりが詰まっており、謎を抱える病院という部分にリアリティを与えている。

二転三転するストーリーに説得力を与える役目を果たしている本作の舞台、田所病院。果たしてこの病院に隠された秘密とは?その衝撃の真相を、ぜひ映画館で速水と瞳とともに解き明かしてほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

『仮面病棟』の“もうひとりの主人公”である謎に包まれた病院を徹底解剖!