任天堂は、「たっぷり楽しめるゲームであそぶ」ページを公開した。
 このページでは、2019年に平均プレイ時間が長かったNintendo Switch向けのソフト30本が紹介されている。Nintendo Switchにはプレイ時間の計測機能があり、いつでもアカウントマイページで確認することができ、そのデータをもとにしたリストアップだと思われる。

(画像は任天堂ホームページより)

 「たっぷり楽しめるゲームであそぶ」ページでは、Nintendo Switchローンタイトルとして発売されたゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドゼノブレイド2にといったRPG系の作品が並んでおり、硬派なオープンワールドゲームであるThe Elder Scrolls V: Skyrimウィッチャー3も紹介されている。3陣営からひとつを選んでプレイすることになるファイアーエムブレム 風花雪月も、やはりやり込みのあるタイトルとして今回選ばれているようだ。

 またスプラトゥーン2大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALフォートナイトなどマルチプレイ対戦を盛り込んだタイトルもやはり多く選出されている。RPGとしても対戦・協力プレイも楽しめるポケットモンスター ソード・シールドリストアップ。去年12月の大型アップデートにより協力マルチプレイが解禁した妖怪ウォッチ4』など、もう一度楽しんでみるのも良いだろう。

(画像は任天堂 『ファイアーエムブレム 風花雪月』より)
(画像は任天堂 『ポケットモンスター ソード』より)

 任天堂は一切言及はしてないものの、現在は新型コロナウイルスの感染により外出の自粛要請や施設の一時封鎖が相次いでいる。ゲームを遠く離れた人とプレイしたり、ひとりで黙々とプレイしたりするには、いいタイミングなのかもしれない。

文/tnhr

メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームゲームらしさについて考えるようになる。主にRPGアドベンチャーゲームアクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter@zombie_haruchan