詳細画像はこちら

もくじ

デンマークでどんなマシンに乗るのか
トラブルつづきの引き取り 感謝!
たいへんなのは、これから

デンマークでどんなマシンに乗るのか

今回は新しいマシンのことや、これからの生活についてお話しようと思います。

まずは、マシンについて。

デニッシュF4チャンピオンシップ」を一緒に戦ってくれるレース車両は、これまでまったく触れたことのないマシンで、他のチームで使っていたものをJuju用にカスタマイズして使う予定です。

ミゲール製のシャシーに、ルノーの2Lエンジンを載せていて、重さはこれまで乗っていたF3マシンより、ちょっと重いぐらいかな? 全体の大きさも、それほど変わりません。

でも、中は体格の大きな人が乗れるようにすごく広く作られているので、わたし専用に詰め物をして、体にフィットさせてから使います。

詳細画像はこちら
真夜中のシート調整。

バラして組みなおしてから、ポジションセッティングを整えるまでは、だいたいひと月ぐらいはかかるっていわれていて、ボディカラーもちゃんとJujuカラーにするので、かなり大変!

マシンは2台用意しています。1台は本番用、もう1台はスペアカーです。

本番用のクルマが仕上がるまではスペアカーで練習して、仕上がってきたらスペアカーのほうを見直して、交互に走らせていくという感じですね。

今から、運転したくてウズウズしています。早く仕上がるといいな~。

トラブルつづきの引き取り 感謝!

詳細画像はこちら
こうして無事に届いたスペアマシン。

仕上がりが楽しみなマシンなんですが、このマシンを引き取りに行ってくれたのがお父さんとNODAレーシングスタッフの2人でした。

2人でイギリスからデンマークまでトラックで渡って、2台のマシンを載せて整備の場所まで移動する予定だったんですが、突然のアクシデントが!

なんと、スタッフ飛行機に乗り遅れてしまって、お父さんが普段は乗り慣れていない大きなトラックをひとりで運転して、デンマークにある整備拠点に向かったというんです。

それを後から聞いてビックリ~!

レーサーで、運転は得意中の得意なお父さんでも、運転したのはすっごく大きなトラックみたいなんですよ。10tまではいかないけれど4tトラックよりは大きい、ぐらいの。全長で9m弱はあった、というのはかなり大きいですよね~。

「普段から大きなモーターホームを運転してるから問題ないよ」とは言っていたけれど、さすがに最初は焦ったんじゃないかな~?

さらに、イギリスからデンマークまでの距離も1600kmぐらいあって、その長い距離を時速90キロまでで走らないといけないので、丸2日間もかかったみたいです。

「2日間もひとりっきりで運転なんて、寂しかったでしょう?」

ってきいたら、

「そうでもないよ! 普段できない経験だったし、日本にいれば、まったくひとりだけの時間なんてないから、新鮮で楽しかったよ! トラックってさ、意外と乗り心地がいいんだよね、静かだし」

高速道路ではクルーズコントロールセットしておけばラクに運転できるし、街中をなるべく通らないで行ったのも、良かったかな」

って。

へぇ~~! 意外と楽しかったんだ。わたしは一緒に行けなかったけれど、それって逆に良かったってこと?

たいへんなのは、これから

マシンが手に入ったので、ひと安心。

とはいっても、必要なものはマシンだけではなくて、整備の拠点探しや住む場所、わたしが通う学校も探さなくてはならなかったりと、かなり苦労したみたいです。わたしではなく、お父さんお母さんが、なんですけどね!

今回から、NODAレーシング全体を移して参戦するということになったので、機材を日本から送ったりとか、ないものは海外で探したりとかも。

整備の拠点もなかなか思い通りにはいかなくて、とりあえずは、スタッフも寝泊りできるガレージ付きの大きな家を借りて、ガレージを整備スペースにしました。

そのほか、ホームコースとなるメインコースには別にガレージを借りて、走行するときはそこを使う、という感じにするみたいです。

家のほかには、モーターホーム(キャンピングカー)も用意しています。

日本でも使っていたアドリア製のもので、一番大きいサイズのものです。イメージとしては、ちょっと豪華な1Kぐらいかな?

遠征に行ったりするときの宿泊もふくめ、学校に行ってるときも基本的にはそのモーターホームで生活する予定です。

詳細画像はこちら
ドリア製のJuju専用モーターホーム

まだまだ全部が整ったわけではないですが、そこまで整うまでには、現地の人もそうだし、いろんな人に協力してもらいました。本当にありがたいです。

そして、学校も決まり、2月から現地のインターナショナルスクールに転入しました。言葉はデンマーク語と英語の両方です。最初の3か月ぐらいは辛そう、でも、そこを乗り越えればなんとかなる、かな?

実は、小学生の弟も一緒にデンマークに行き、同じ学校に通うことになったんです。弟も一緒ならさみしくないやって思いつつも、ひとつだけ不安なことが。

それは、デンマーク語や英語の勉強が、弟に追い越されないかってこと!

わたしは、レース活動が忙しくて学校にはあまり通えないかもしれないけれど、弟は毎日学校に行くでしょう? あ~~、それだけは不安~~~。

そんな小さな不安はありますが、デンマークでの生活がいよいよ始まります!

これからも、皆さんに現地での生活の様子をリポートできればいいなと思っています。

ひきつづき、応援よろしくお願いします。


【Juju(野田樹潤)ブログ】第26話:デンマークでマシン引き取り たいへんなのは、これから