3月1日(日)放送の「ザ・カセットテープミュージック」(毎週日曜夜9:00-9:55BS12 トゥエルビ)は、番組でまだ紹介していないマキタスポーツスージー鈴木の音楽研究成果を公開する。題して、「マキタノートスージーファイル大公開スペシャル2」。カセットガールは、うめ子こと河村唯。

【写真を見る】振付を思い出しながらピンク・レディーの楽曲を楽しむ

スージー鈴木の音楽研究発表は、「日本ミ♭の歴史」。たくさんのヒット曲に使われている「ミ♭(ミのフラット)」を解説していく。

スージーピアノによる「ミ♭」の音を聴いて、「怖い」と印象を口にするうめ子。このひと言が、意外にも的を射ていることがこの後の解説で判明する。

「ミ♭の戦後からの歴史を研究してきた」と語るスージー鈴木が1曲目に持ってきたのは、服部良一作曲、1948年笠置シヅ子シングルとして発売された「東京ブギウギ」。この曲を1990年UNICORN(ユニコーン)のカバーで聴く。

「東京ブギウギ」が発表された時代背景も視野に置きながら、楽曲の意義を語るスージー。さらに、服部メロディーや、服部良一に比肩する作曲家・古賀政男の古賀メロディーについても言及する。

続いて、「最も有名なマイナーのミ♭」として、いずみたく作曲の「ゲゲゲの鬼太郎主題歌(1968年)を取り上げる。この曲をはじめ、「1968年はミ♭の当たり年(大量に生まれた年)」だそうだ。

さらにはピンク・レディー。「ピンク・レディーの曲には本当にミ♭が多い」(スージー鈴木)ということで、「モンスター」「ペッパー警部」など、該当曲が続々と紹介される。マキタスポーツスージー鈴木は、ピンク・レディーブームを知る人ならだれもが出来る「振付」をしながら、曲を楽しんでいく。

一方、3月28日(土)・29日(日)にお得意の音楽ネタ「オトネタ5」公演を控えるマキタスポーツの音楽研究成果は、その「オトネタ」として披露される。

セレクトされたのは「しばらくライブでやってないオトネタ」。「ゲゲゲの鬼太郎」と浜田省吾を組み合わせて制作されたネタや、「夜のサザエオールスターズ」というタイトルのネタ、椎名林檎尾崎豊を題材にしたネタなど、厳選の爆笑ネタがなんと6作も実演される。

これを聴いたスージー鈴木は、「大作だなあ」「感動しました」と、マキタスポーツの着眼を高く評価する。

今回の番組のもう一つのテーマは、うめ子(河村唯)の音楽学習成果。再度うめ子にザ・ビートルズメンバー名が問われ、番組冒頭でまずは「ジョン・レノン」を正解。その後の「ポールさん」「リンゴさん」といううめ子ならでは答えに、マキタスージーは嬉しそうにツッコんでいく。番組終了までに、うめ子が全員の名前を解答できるかも注目だ。(ザテレビジョン

「ザ・カセットテープ・ミュージック」(BS12 トゥエルビ)3月1日(日)放送より