Riot Gamesは、開発を発表していたシューティングゲームProject A』の正式名がVALORANTヴァロラント)であり、2020年夏のリリースを予定していることを発表した。また、同日より公式サイト日本国内向けの公式Twitterアカウントおよびゲームプレイのプレビュー動画が公開されている。

 『Valorant』は、Counter-Strikeのように、5対5のチーム同士で戦う戦術(タクティカル)シューターゲームだ。また、オーバーウォッチのように、キャラクターごとに異なる“超能力”を持つ、いわゆる“ヒーローシューター”の要素を持つ。そのため、キャラクターの能力やチーム編成、マップなどに合わせた綿密な戦略や一瞬の判断が勝敗を分けることになる。

 チームはそれぞれ攻撃側と防御側に分かれ、最大24ラウンドを争う。プレイヤーが操作するのは、現実世界の文化や地域を背景に持った「エージェント」と呼ばれるキャラクターで、それぞれ固有の能力を持っている。

 本作の特徴は、“ハンドガンで安定した照準を行えるプレイヤーが、狙いの定まらないスナイパーを制する”一瞬の勝負にある。『VALORANT』での戦闘はミリ秒単位で決着することすらあり、ヘッドショットでは即死、ライフルでも3~4発当てられると死亡する。なお、リコイルも激しく、先に述べたように1発の銃弾が戦況を変える可能性を持つ。

 すべてのエージェントは全種類の武器を使用でき、ラウンドごとに購入することも可能。それぞれの銃には戦略的利点だけでなく、リコイルの制御や状況の見極めなどの学ぶべき要素も含まれている。また、エージェントの能力は情報収集や作戦のサポートなど、あくまで「銃撃戦の補助」となるようデザインされている。

 さらに本作では、1秒間に128サーバーの更新処理が行われる128fpsの無料専用サーバーが全世界に分散配置されている。そのため、インターネット接続の影響で対戦相手の動きにラグが発生している場合でも、ゲームサーバーが自動で滑らかな動きに高品質化する。

 そして、2014年から契約している独自のプロバイダRiot Direct」により、38ミリ秒以下の通信応答速度を全世界の最低70%のプレイヤーに提供している。これにより、“防御側が反応可能になる前に攻撃側が攻撃できてしまう”、いわゆる「飛び出し有利」の状況を解決できるよう取り組んでいる。

 加えて、サービス開始と同時にアンチチートへの取り組みも積極的に進めていく姿勢だ。ゲームエンジンには、敵の位置を可視化するなどのウォールハック対策として、他プレイヤーに視線が通る寸前までそのプレイヤーの位置が表示されない「戦場の霧」と呼ばれるシステムが導入された。

 また、すべての試合は権威サーバーにより制御されているため、移動を高速化するスピードハックや、瞬間移動を行うテレポートなどのチートで試合結果が左右されることがない。さらに、新開発された独自のチート検知システムVanguard」も採用されている。

 『VALORANT』は、これまでマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナMOBA)作品のリーグ・オブ・レジェンドで培ってきたノウハウを応用した、強い意気込みが感じられる作品となりそうだ。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。