現在ノリッジ・シティからポーツマスに貸し出されている26歳のDFショーン・ラゲット

アマチュアやセミプロで長くプレーしてきた叩き上げの選手で、198cmという巨大な体格を武器としているセンターバックである。

彼が名を上げたのは2017-18シーズンに所属していたリンカーン・シティで戦ったFAカップだった。

当時は5部に所属していたチームは、FAカップ予選からの出場でありながらもイプスウィッチブライトン、さらにバーンリーを破るという快進撃を見せ、ベスト8まで駒を進めた。

その相手となったのはアーセナル。そこで大きく取り上げられたのが、このショーン・ラゲットだ。

彼は生粋のアーセナルファンであり、試合前には『The SUN』の企画でティエリ・アンリと会談させてもらうという体験もしていたのだ。

迎えた2017年3月11日、エミレーツ・スタジアムで行われたアーセナルリンカーン・シティは5-0というスコアで終了。快進撃を見せたチームもここで敗退となっている。

ちなみにショーン・ラゲットは25番。3:35~ではマークしたアレクシス・サンチェススーパーゴールを決められている。

そして今回『The SUN』の取材にショーン・ラゲットが答え、この試合直後のエピソードについて明かしたという。

エミレーツ・スタジアムで5-0と愛するアーセナルに敗れた後、出場していたショーン・ラゲットは、同じサポーター仲間とロンドンのパブで会うことにしたそうだが…。

ショーン・ラゲット

「僕の最高の仲間たちは、アーセナルファンなんだ。試合の後、エミレーツ・スタジアムの近くにあるパブで会うことにしたんだ。

店に行くと、入り口に警備員がいた。『試合のチケットは持っているか?』と言われた。

僕は『いや、持っていない』と答えると、彼はなんと店には入れられないと言ってきたんだよ。

だから『いやいや、僕はあの試合でセンターバックとしてプレーしていたんだ、だからチケットは持っていないんだよ!』と言ったんだ。

リンカーン・シティのジャージを着ていたし、自分のスパイクと交換したローラン・コシェルニのシャツも持っていたのに!

彼はなんとか僕を入れてはくれたけど、パブはアーセナルファンのための店だったから、ジャージの上にはコートを着ていなければならなかったね」

アンリと会ったときはどうだった?)

「子供の頃はストライカーだったから、彼はヒーローだったよ。声を聞いたら惚けてしまったね。人生で一番緊張したよ。

アンリくらいの人ならインタビューの後にすぐ去ってしまうかと思っていたけど、彼は僕たちをピッチに連れていってくれて、一緒にピッチを歩いた。本当にすごかったよ」

「試合で最も覚えているのはエジルだね。彼は批判を受けているが、僕はいつも彼のファンだった。

試合した時、いつも彼はスペースにいるんだよ。動いているのは全く見えないのに、ずっと大きなスペースに入っている。何もしていないように見えるのに」

アーセナルファンの仲間と会おうとしたら、なんとパブの警備員に止められてしまったとか…。彼にとってはなかなか貴重な経験だったようだ。

生粋アーセナルサポのDF、対戦後に「パブで追い出されかけた話」が面白い