人気ドラマ家政婦のミタ」や「過保護のカホコ」などで知られる人気脚本家遊川和彦の監督第2作目『弥生、三月 -君を愛した30年-』(3月20日公開)の大ヒット祈願イベントが、3月3日に東京大神宮で開催され、主演の波瑠と成田凌が登壇。新型コロナウイルス感染症への対応が叫ばれるいま、主演の波瑠は「学校がお休みになったり、テーマパークが閉まったりと、残念なことが多いので、早く収束してほしい。皆さんになんの心配もなく映画館に観に行ってもらえたらうれしいです」と祈願したと語った。

【写真を見る】波瑠、成田凌の全身ショットはこちら

遊川監督が、自身の完全オリジナル脚本で描く本作は、2人の男女が織り成す30年間の3月だけを切り取って紡いだ激動のラブストーリーだ。そこで、本作のテーマである“3月”にちなみ、3月の思い出を尋ねられた2人。波瑠は「私が10年前に事務所に入るきっかけになったオーディションが3月。たぶん朝ドラ(「あさが来た」)のオーディションも3月にありました。本当なら新学期は4月から始まると思うんですが、私は3月が生活や環境が変わるきっかけになることが多かったので、思い出が多いです」とコメント

成田は「いまのちょうどこの時期は卒業式があり、劇中でもあります。僕は高校の卒業式が終わったあと、友だちと3人だけで卒業式をもう1回やりました。卒業式がしんみりしていたので、もう1回全部ふざけてやろうと、3人だけで、校長先生、本人役とか、ひと通りやりました。相当思い出深いし、いまでも思い出します」と仰天のエピソードを明かした。

最後に成田が「大変な状況ですが、すごくいい作品ができたなと思っているので、たくさんの年代の方に観てほしいです」と言うと、波瑠も「本当に性別、男女を問わず、大人の方からいろんな運命の分かれ道にいる方たちに響くような作品です」と力強く締めくくった。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

『弥生、三月 -君を愛した30年-』で共演した波瑠と成田凌