【元記事をコミックナタリーで読む】

「漫画で考える災害」と題された特集企画が、本日3月3日発売の漫画アクション6号(双葉社)に掲載されている。

【大きな画像をもっと見る】

特集はたなか亜希夫が震災後の故郷・石巻を描いている連載作「リバーエンドカフェ」を筆頭に、同作の作中で描かれてきた石巻の風景を紹介する「『リバーエンドカフェ』と石巻」、災害時における自衛隊の災害派遣の様子を伝えるカラー記事などで構成。自衛隊レンジャー隊員の災害救助をテーマとした藤原さとしライジングサンR」の番外編吉本浩二がある町の復興を描いた自伝マンガうみべのふるさと」といった読み切りも掲載された。災害に向けて事前に備えておくべきこと、知っておくべきことを古日向いろはマンガで紹介するショート企画「防災 早めにアクション」も用意されている。

阪神・淡路大震災から25年、東日本大震災から9年を迎えた今年。扉ページには「今回、私達の暮らしの中で身近な存在である漫画を通して、災害について何かしら考える機会になればと思い、『漫画で考える災害』という形で特集を企画しました」と編集部の思いが綴られている。

漫画アクション6号