流星のロックマン逆転裁判シリーズに携わったカプコンの児玉真佑氏が、「新たなチャレンジ」のため、カプコンを2月末で退社したことをTwitter上で伝えた。

 児玉氏は、『流星のロックマン』ではゲームデザイン、また流星のロックマン2流星のロックマン3ではシナリオに携わっている。『流星のロックマン』に登場するレジェンドマスター・シン」というキャラクターは、児玉氏がモデルとなっており、イベントでは児玉氏がコスプレを披露したこともある。また『流星のロックマン』の主人公星河スバルが住んでいるコダマタウンも児玉氏に由来しているようだ。

(画像はAmazon「流星のロックマン ペガサス(特典無し)」より)

 ほかにも『逆転裁判シリーズにも多数携わっており、逆転裁判123 成歩堂セレクション』ディレクター大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-リードプランナーとマネジメントレイトン教授VS逆転裁判ゲームデザインを担当して、『逆転裁判シリーズの生みの親・巧舟氏を支えつづけた。

(画像はYouTube「『逆転裁判123 成歩堂セレクション』2ndプロモーション映像」より)

 『逆転裁判』の公式サイトでは、『逆転裁判123 成歩堂セレクション』のディレクターとして開発コラムを寄稿しており、本作がどのように240ドット×160ドットから1920ドット×1080ドットへの高解像度を果たしたのかを披露している。

 児玉氏は、次なる活躍の場は明らかにしていないが、Twitterでは「これから『逆転裁判シリーズを外から応援したい」との抱負をのべている。また最後の仕事は、2月の退社ということもあり、『大逆転裁判ファンから送られてきたチョコレートの集計と、スタッフへの配布会だったという。

 児玉氏の「新たなるチャレンジ」の内実が気になるところだが、これからの活躍を期待したい。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman