今年1月に欅坂46を脱退した平手友梨奈のオフィシャルサイトが本日オープンし、クールな表情を捉えた最新のフォトギャラリーが公開された。

【写真】オフィシャルサイトで公開された「平手友梨奈」最新フォト

 愛知県出身の平手は、2015年8月に欅坂46の一期生オーディションに合格。CDデビュー以降センターポジションを務め、2020年1月まで欅坂46の中心メンバーとして活躍した。

 2018年9月公開の映画『響 ‐HIBIKI‐』では映画初出演にして初主演を果たし、第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞、第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞で新人賞、第28回日本映画批評家大賞で新人女優賞(小森和子賞)を受賞。そして、今年10月公開の映画『さんかく窓の外側は夜』にヒロインの非浦英莉可役として出演することも決定している。

 映画『さんかく窓の外側は夜』は、ヤマシタトモコの同名漫画を実写映画化し、俳優の岡田将生と志尊淳がダブル主演を務める作品。霊を祓うことができる男と霊を視ることができるふたりの男が、“除霊”を使って謎や事件を解決していく姿を描く。本作が『響 ‐HIBIKI‐』から2年ぶり2度目の映画出演となる平手は、“呪いを操る”女子高生という、ストーリーの鍵を握るヒロイン・ヒウラエリカ役を担当。一見普通の女子高生だが、実は強力な“呪いの力”の持ち主という設定だ。

 今回開設されたオフィシャルサイトでは、シックなファッションクールな眼差しが印象的な数々のショットを収めた最新のフォトギャラリーも掲載され、ファンにとってはうれしいニュースとなった。これまで数々のパフォーマンスで観る者を魅了してきた平手の、次のステージでの活躍にも注目が集まる。

「平手友梨奈オフィシャルサイト」で公開された最新フォト