マツコデラックスにとって異例となるローカル番組「マツコ、静岡でマグロを喰らう。」(夜6:57-8:00)が、3月9日(月)に静岡朝日テレビでオンエアされる。放送を前に、マツコと1日限りの“相棒”須藤誠人アナがロケを振り返った。

【写真を見る】マツコデラックス、“アイドルアナ候補”須藤誠人アナに絡む?

■ 初上陸した静岡市の印象を語る

――静岡市に来たのは初めてですか?

マツコ:初めてですよ。「どう思ってた?」と聞かれると、「どうも、思ってなかった」と言うしかないでしょ。だって、来ていないんだから。1回も。伊豆、御殿場、浜松には行ったことがあるけどね。昔、テレビに出る前に仕事で。

ミッツ(マングローブ)さんは、静岡市に営業で来てたみたいだけど、私は本当、初静岡市。でも、地図が好きなんで、大体の位置関係は把握していますよ。だから、何だっていうんだけどね。でも、田中屋という地場のデパート伊勢丹と提携して、後に静岡伊勢丹になったのは語れますよ。

――詳しいですね。

マツコ:流通好きなの。それに地図好き。

――シーチキン好きでもありますよね。ロケでは、新たなシーチキンの食べ方も学ばれていましたが。

マツコ:そう。親がシーチキンばかりを食べさせていたから、人生で1000個以上は食べてるし。ロケで新たな発見もありましたよ。でも、マヨネーズとあえて食べるというのを見つけた人を知りたくなったのね。だって、ツナマヨ日本の食文化を変えたもの。誰なんだろう。

――スーパーマーケット「ヒバリヤ高部店」(清水区)でもマグロを食されていましたね。

マツコ:おいしかったけど、他にもおいしいものがあったのよ。マグロを買いにいったついでに、買いにいってちょうだいって話よ。

■ マツコ「余生を過ごすのはいいかも」

――ローカル特番に出ることは?

マツコ:あまり、ないね~。東京で世話になった人が赴任した時に、会いにいくって感じですよ。

――アシスタントを担当した須藤アナについては?

マツコ:かわいげがあるし、これから知名度が上がっていったら、アイドルアナになれるんじゃない。もう、期待の若手。今回は、出来の悪さを演じ切ったってことで(笑)

――年配の女性に、わりと人気があるんですよ。

マツコ:スーパーで聞いたら、そうだった。共通点は「知ってるけど、名前を知らない」で、「ああ、あのコーナーの」とか。でも、1人の若い女の子が「アナウンサー界ではトップいちごと、どっこいどっこい」と言っててね。

――須藤アナは、マツコさんとロケをしていかがでしたか?

須藤アナ:マツコさんの喋るスピートと量に圧倒され、どうにか食らいつこうとして、いつもよりどっと疲れが出ました。

マツコ:お言葉を返すようですが、私も疲れています(苦笑)。すげー、面白くしてやっていますよ。

――マツコさんは、ロケで印象的だったことはありますか?

マツコ:そうね。マイナス70℃の冷凍庫は、死を感じたわ。あんなに寒いと思っていなかった。はいている息でさえ、冷たく感じるんだもの。今、私の肺はマイナス70℃と思うとね。こういう場所で働いている人のおかげで、おいしいマグロが食べられるんだと、あらためて思いましたよ。

――初上陸した静岡市の印象をお聞かせください。

マツコ:余生を過ごすのはいいかも。あと10年東京でやって、たまに仕事をしながら、静岡で過ごすのがいい。徳川家康が晩年、駿府城で暮らしたように、東京で疲れたとき、ちょうどいい街。田舎でもない、都会でもないですから。(ザテレビジョン

静岡朝日テレビ「マツコ、静岡でマグロを喰らう。」で、マツコデラックスが静岡市を巡る