ブラジルの伝説的な選手ロナウジーニョが逮捕されてしまったようだ。4日(日本時間5日)、中南米の各メディアが伝えている。

バルセロナ時代のメッシの先輩であり、うっとりするようなテクニックで世界中のサッカーファンを魅了したロナウジーニョ

39歳になった“天才”は既に現役を退いているが、今でも各地のチャリティーマッチに引っ張りだこ。昨年10月にはこんな“超プレー”で話題となった。上手すぎる…。

ただ今回、恵まれない少年・少女をサポートするイベントに出席するため、4日(水)の朝にパラグアイに入国したものの、偽造パスポートで入国した容疑により同日夜に逮捕されてしまったとのこと。

現地などのメディアでは、その偽造パスポートが公開されている。

本名や生年月日などは正確なものだが、よく見ると国籍がパラグアイに…。

ロナウジーニョ2018年の暮れ、借金返済が滞ったためにパスポートを没収された。その際、ブラジル検察庁が口座を差し押さえたところ残金は5.8ユーロ(およそ750円)しかなかったことが伝えられている。

ただ『infobae』によると、その問題はロナウジーニョ側が負債を返済したことで解決しているというが…。どのような事情があったのだろうか。

ロナウジーニョ、逮捕される!一発でバレた「偽造パスポート」がこれ