詳細画像はこちら

グンペルト・アイウェイズ

かつてアウディモータースポーツ部門を指揮したローランド・グンペルト。現在は、 中国のEVスタートアップ、Aiways(愛馳)の後ろ盾を得て、グンペルト・アイウェイズを率いている。

開催中止になったジュネーブ・モーターショー2020の日程にあわせて、同社がメタノールフューエルセル・スーパーカー「ナタリー」の量産モデルを発表した。

詳細画像はこちら
グンペルト・アイウェイズ・ナタリー(量産仕様)

AUTOCARでは2018年プロトタイプを取材する機会に恵まれたが、ついに市販されることになったのだ。最初に市場に送り出されるのはナタリー・ファーストエディション。

価格は40万7000ユーロ(4863万円)。専用ペイントを施されたモデルで、2021年初頭から納車が始まる。

ナタリー スペックは?

ナタリー・シリーズは、モデルライフを通じて500台だけが生産される予定である。

デンマークに拠点を置くサーエナジー社が開発した15kWのフューエルセルは、メタノールから水素を生成し発電する。

詳細画像はこちら
グンペルト・アイウェイズ・ナタリー(量産仕様)

その電力は、2速ギアボックスを介して四輪に搭載されるモーターに配分。システム最高出力は543psを発揮する。

0-100km/h加速は2.5秒、最高速度は300km/hに達する。

航続距離800km

メタノールを利用するパワーユニットを選んだメリットは、貯蔵や使い勝手のよさと言われている。水素ステーションで資格保有者に充填してもらう必要もなく、3分ほどの作業で済んでしまう。

一般的なEVよりもはるかに短い時間の充填で、再び走り始めることができるのだ。グンペルトによれば航続可能距離は800kmだという。

詳細画像はこちら
グンペルト・アイウェイズ・ナタリー(量産仕様)

外観は、スリムなヘッドライト、大きなエアインテーク2018年の試作車から受け継いだクーペ調のシルエットが特徴。ダウンフォースを得るリアウイングも搭載されている。

ロードカーとして設計されているが、ナタリーはサーキット走行も想定されており、本来後席があるスペースにはFIAの規定に準拠したロールケージが組み込まれている。


■EVの記事
【新生グンペルト】燃料電池で走るFCVスーパーカー、ナタリーを市販化 中国の愛馳と
【インタビュー】ピニンファリーナCEO語る 新しいバティスタ/リマックとの関係/ブランドの将来 
【電動グランドツアラー】アウディeトロンGT EVの4ドアスポーツサルーン 2020年LAショーで披露
【チンクエチェント EVに】新型フィアット500発表 サイズ/内装/スペック/航続距離

■ジュネーブモーターショー2020(開催中止)の記事
【新生グンペルト】燃料電池で走るFCVスーパーカー、ナタリーを市販化 中国の愛馳と
【チンクエチェント EVに】新型フィアット500発表 サイズ/内装/スペック/航続距離
【2.6秒で100km/hに】イスパノ・スイザ・カルメン・ブローニュ、2億円のEVハイパーカー 1114ps
【限定2モデル追加】アルピーヌA110 新しい限定2モデル/パーソナライゼーションプログラム 今春から順次日本導入

【新生グンペルト】燃料電池で走るFCVスーパーカー、ナタリーを市販化 中国の愛馳と