警察庁の「ストップオレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム(略称:SOS47)は、2018年より、全国で被害が相次ぐオレオレ詐欺などの特殊詐欺に関する知識や被害防止策を分かりやすく伝え、全国47都道府県警察とともに特殊詐欺被害を防止する為の広報啓発活動を行なっています。この度、同プロジェクトチームリーダーで、国家公安委員会委員長から特別防犯対策監を委嘱されている杉良太郎氏が、和歌山県 紀の川市で行われた「防犯対策・健康増進講習会」に登壇し、会場の皆さんに向けて、「特殊詐欺は他人事ではなく、いつ自分に降りかかってもおかしくないという意識を持ってください。」と注意を呼びかけました。

  • 訪問先レポート
特殊詐欺は、ただ財産が奪われるだけではなく、家族の崩壊にも繋がりかねない。』
登壇した杉対策監は、冒頭で「”特殊詐欺”というのは、ただ財産を盗まれるということだけではなく、盗まれたことが原因で、騙された両親を子供が責めるといったいさかいが起こり、時には家族が崩壊してしまうことにも繋がりかねない。だから、たちが悪いんです。」と、特殊詐欺による二次被害の怖さについて訴えました。
特殊詐欺に騙される人の心理についての話になると、「特殊詐欺は、皆さん一人ひとりが注意すれば、きっと撲滅できる犯罪だと思うのですが、警察官や銀行員のふりをしてご自宅に訪問されて話をされると、普段なかなか話をしてくれる相手がいないこともあり、心の隙につけ入れられ簡単に騙されてしまいます。皆さん、きっと自分には関係ないと思われるかもしれませんが、”これは他人事ではなく、いつかは自分の身にも降りかかってくるかもしれない“と気を引き締めて頂きたいと思います。」と注意を促しました。

『身を守るために、時には人を疑うことも大切です。』
特殊詐欺対策についての話になると、杉対策監は「皆さん、性格が悪くなると思われるかもしれませんが、人を疑うことも時には大切だということを覚えてください。“何故、こんな電話をしてきたのだろうか” ”この人は、本当に銀行員なんだろうか” と、相手を疑うことが特殊詐欺から身を守ることに繋がります。また、録音機能のある電話を利用することも有効です。このタイプの電話機を使うと、冒頭に”この会話は、録音されています”というメッセージが流れるので、声が記録されることを嫌がる犯人に、電話を続けることを断念させることができます。」と日頃からの心構えや防犯機器の有効性等について訴えました。
講習会の最後には、「今日お集まりになられた皆様には、友人・知人・近隣の方々にも”詐欺にだまされないように気を付けて、何かあったら連絡して欲しい。”と伝えて頂き、人のネットワークを広げて皆で特殊詐欺対策に取り組んで頂きたいと思います。現在、私どもも必死になって特殊詐欺撲滅に向けて取り組んでいますが、紀の川市では、特殊詐欺の被害件数が0件だったと言える日が来ることを願っています」と話しました。
  • 実施概要
■催事名
防犯対策・健康増進講習会 ~防犯と健康を意識して、素敵な毎日を送ろう~

■実施日
2020年2月8日(土)

■実施会場
紀の川市役所 南別館 ホール田園

■共催
紀の川市 / 紀の川市老人クラブ連合会

■実施者
ストップオレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチームSOS47)
警察庁 特別防犯対策監 杉 良太郎 氏

配信元企業:「ストップオレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」プロジェクトチーム

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ