ネイルやカーテン、抱き枕など痛~い腕前を発揮している人々を発掘している当編集部。今回は、痛~いラテアートをご紹介しよう。 といっても今回紹介するのは、もはや巨匠! マエストロの域に達しているご仁なのである。

他の「キャラクターラテアート」写真はこちら

 その恐るべき、ラテアートの世界的巨匠というのが、Sugi氏。カップをキャンバスに見立て、ラテアートを描く職人である。Sugi氏のソニックラテアートは、アメリカ版セガのオフィシャルFacebookで紹介され、世界中の20,426人から「いいね!」をもらっている。さらに、2013年2月12日時点では、同サイト内で人気1位を獲得してしまったそうだ。東海地方在住のSugi氏は普段、IT関連の仕事に従事するお方だ。にも関わらず、独学で痛ラテを描き出し、作品をTwitterInstagram上で発表したところ、評判が評判を呼び、ついには、数々の著名人からも直接コメントをもらうほどになったという。


評判になった作品の一部をちらりとご紹介。
ご存じ『名探偵コナン』。聡明そうな表情をそのまま写し取ったかのようだ。みんなもそれを感じたのか、なんと8,000リツイートもされたというから驚きだ!!
TVアニメジョジョの奇妙な冒険』公式Twitterから、リツイートされたジョナサン・ジョースターイラスト。ふるえるぞハート
ほんわかとしたイメージをそのままに移した『琴浦さんラテアートtwitterを通して見た、作者のえのづきさんも仰天!
斬鉄剣を振るったかのように、満足気な石川五ェ門の表情。この作品をみた、五ェ門役の声優・井上真樹夫さんから直接Twitterコメントが来たとのこと。
ほかにも、『ドラゴンボール』のエンディングテーマロマンティックあげるよ」を唄われた橋本潮さんに、リクエストされ、ブルマを描いたり、『機動警察パトレーバー』の作者・ゆうきまさみ先生にもSugi氏の作品を見ていただけたのだそうだ。


 数々の武勇伝を持つSug氏だが、もっとも忘れがたいのが、次の作品だという。
「『スラムダンク』の桜木花道です。作者の井上雄彦先生にコメントを貰いました!!」と天にも昇らん気分だったとのこと。

ラテを拡大してみると……。
確かに汗の一粒一粒まで、そっくり! これは井上先生ではなくとも驚きの画力だ。

 Sugi氏が用いているのは、ラテアートのなかでも、エッチングという手法。

「まずは、エスプレッソマシンにて抽出したコーヒーを、カップに注ぎます。そこに泡立てたミルクも加えます。そして、専用のピックに、チョコレートソースをつけて、輪郭などを描いていきます。色を付ける場合は、食紅やカクテルソースを用いています」とのこと。

驚くべきことに、Sugi氏は、ほとんど練習なしにこれらのラテアートを描いているという。うまく描くコツはなんだろうか?

「描きやすい顔の向きや、カットを選ぶ事です。次は、頭の中でどこから描くか練習します。その後、カップが丸いためそのキャラクターの中心にあるものと一番外側にあるものを探して目安にします。レイアウトを考えたら一発勝負で描き上げて完成です」

 大抵の制作時間は、10分。難しいものでもたった15分で仕上げてしまうという。しかも失敗は10杯に1杯あるかないか、という技術力の高さ。

 しかし、このなんとも贅沢なコレクション、飲み干してしまうのはもったいなくないのだろうか?

「友人はラテアートが無くなることをもったいない!と、連呼してますが……。ラテアートは飲む人にとって一期一会だと思っています。そこで写真におさめることにしました。ただ…、自分は作る事と友人や皆さんにTwitter等で見てくださる事に満足を感じているので、さみしく思うことは少し…しかありません(笑)」(Sugiさん)

 聞けば、Sugiさんが作るのは、1日に5杯以上とのこと。そんなに作っていれば、確かにご本人的には、あんまりもったいないという気もしないのかもしれない。
 しかし、この貴重な画力は、世界にも通用する腕前。ここだけの話し、ヨーロッパの某国からオファーが来たことがあるとか!? ぜひともワールドワイドに羽ばたいてもらいたい! 今後のご活躍にこうご期待だ!


Sugi氏のinstagram
http://instagram.com/Nowtoo

Twitterでもリクエスト受付中
https://twitter.com/Nowtoo

取材・文=武藤徉子
ダ・ヴィンチ電子ナビ アニメ部より)

「キャラクターラテアート」(上から)スタジオジブリシリーズ 、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、ジャンプヒーローシリーズ、「新世紀ヱヴァンゲリヲン」シリーズ