実は公開前ネタバレしてました。



 昨年11月22日(金)公開以来、順調に動員数を伸ばして130億円以上の興行収入を記録しているディズニー映画アナと雪の女王2』。いよいよ3月12日(木)をもって映画館での上映が終了しますが、先日の第92回アカデミー賞授賞式にて、日本人で初めてエルサ役の松たか子さんとが各国のエルサとともに壇上で歌唱を披露すると、世の中が再注目。レリゴーの底力おそるべしです。






 その『アナと雪の女王2』ですが、映画のオチで、ある意味衝撃的な展開が待っていることでも話題となりました。未見の方に気を使って活字にはしませんが、実は映画の公開直前に始まった海外パークグリーティングで、<衣装による続編のネタバレが起こっていたんです。というわけで東京にはいないので、アメリカパークでミート&グリート(キャラクターに会えるアトラクション)しました。


カリフォルニア ディズニーランドリゾート



 まずはカリフォルニアディズニーランドリゾートです。2月8日に19周年を迎えた「ディズニーカリフォルニアアドベンチャーパーク」には、「アナとエルサロイヤルウェルカム」と言って、彼女たちとのミート&グリートが楽しめるアトラクションを、常設で運営しています。



 これは屋内型のアトラクションで、ハリウッドランドアニメーションアカデミー館という建物の中にあります。液晶ビジョンには映画のワンシーンが続々と映し出され、待っている間も退屈しないですが、この時点では前作レリゴーのままでした。



 中にはエルサがいました。『アナ雪2』の新衣装で、映画のラストのそれです。アナやクリストフやオラフがいることもありますが、こればっかりはマジカルモーメントです。入口の映像で観たレリゴーの追い込まれた感はなく、非常に穏やかなエルサ様。結局アナは会えずに終わりました。


◆フロリダ ウォルト・ディズニーワールドリゾート



 というわけで、アナにも会うために、フロリダ ウォルト・ディズニーワールドリゾートへ移動しました。「ロイヤル・ソマーフス」と言って、「エプコット」というパークノルウェー館の中庭にあります。カタカナばっかりでわかりにくいかもしれませんが、フロリダのディズニーでもアナとエルサゲストと触れ合っていますよ、という意味です。



「映画のオチが分かるぞ!」と話題になった、アナのやんごとなきたたずまい



 中に入ると、まずはアナ! 実はエルサだけではピンと来なかったかもしれませんが、このアナが映画の公開前にパークに登場してしまい、<映画のオチがわかるぞ!>とSNSで話題になりました。おわかりですよね、ただごとではないたたずまいなわけです。実は筆者も香港ディズニーランドリゾートの写真をうっかり観てしまい、腰を抜かしたうちのひとりです。



 そしてエルサです。もちろん、こちらもニュールックです。実はココ、姉妹と一度にグリーティングが楽しめるアトラクションで、夏の休暇中に別荘で過ごすアナとエルサが待っています。非常にお得感がありますよ。



 ちなみにアナとエルサに会いに行く途中、ビヨーンと伸びたレリゴーの絵がありました。これは「エプコット・インターナショナルフェスティバル・オブ・アート」という芸術がテーマイベントを開催していたためで、ビヨーンと伸びていたのは、3Dアートだったからなんです。



 正しくはこうです。そうそう、ここ「エプコット」には『アナ雪』がテーマの楽しいアトラクションもあるのですが、それはまた、別の話。


(C) Disney


<文、写真/トキタタカシ


【トキタタカシ】映画とディズニーを主に追うライター。「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。故・水野晴郎氏の反戦娯楽作『シベリア超特急』シリーズに造詣が深い。主な出演作に『シベリア超特急5』(05)、『トランスフォーマー/リベンジ』(09)(特典映像「ベイさんとの1日」)などがある。現地取材の際、インスタグラムにて写真レポートを行うことも。