KANA-BOONが、3月9日(月)放送のTOKYO FMSCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。3月4日(水)発売のベストアルバムKANA-BOON THE BEST』と、同日発売のニューシングルスターマーカー」について、パーソナリティ・とーやま校長の質問に答えました。その後編。



とーやま校長:ベストアルバムには、新曲2曲を含む30曲が入っているんですよね。番組で初オンエアさせてもらった曲もたくさん入っているから、そのときのことも思い出すし……例えば、DISC 1の7曲目に入っている「結晶星」も、生徒に向けて贈った大事な時間を思い出したし、とかいろんな思い出があるんですよ。

谷口鮪(Vo./Gt.):そうですね。

とーやま校長:でも、最後に聴き終わって出てきたのは、単純にめちゃくちゃいい曲たちだなってことで。それを強く思いました。

KANA-BOON:嬉しい!

谷口:俺らも同じ感想ですね。自分たちで作って、聴いて、「いい曲ばっかり」って。

古賀隼斗 (Gt.):「めっちゃいいバンドやん」って思いました。

――ここで、リスナーメッセージを紹介

【「スターマーカー」とベスト盤の発売、おめでとうございます! とにかく最高のシングルアルバムですね! 私は特に、アルバムの「マーブル」がとっても心に残りました。私はこの前、高校を卒業しました。高校生活のなかで出会った大切な友達のことが、「マーブル」の歌詞と重なり、涙が出てきました。卒業はとても寂しいですが、「マーブル」という曲に支えられたような気がします。“寂しいけど、前を向こう!”という気持ちになりました。私のなかでこの「マーブル」が、すごく特別な曲になりました!(18歳女性)】

KANA-BOON:嬉しい!

とーやま校長:この「マーブル」は、ベストアルバムDISC 2の最後に収録されている新曲ですね。この曲に対しては……3人も思うことがあるだろうしね?

谷口:この曲は飯田がバンドを辞めて、僕たちが3人になってからの現状……当時からこの瞬間まで、というか。そういう気持ちを歌っていますね。ただ楽しい、明るいというだけではなくて、痛みや別れのさみしさもしっかり抱えて生きていきたいっていう……。だからこういう卒業のタイミングとか、春にどうしてもやってくる別れと対峙する人には、特にこの曲が側にあればいいなと思っています。

――ここで、「マーブル」をオンエア

とーやま校長:うん……ここで言葉をはさむのが、ちょっと申し訳ないなっていう。もうちょっとだけ、この余韻の中にいたいなっていうか……。感傷的だけど、ちゃんと前を向いているじゃないですか。

谷口:そうですね。

とーやま校長:それが、このベストの最後に入っているというのも、そういうことなんだろうな、って思うし。あの、途中のギターソロは古賀ブルボン(番組での呼び名)?

古賀:古賀ブルボンですね。

とーやま校長:あれも、感情が直結しているようなソロじゃないですか。

古賀:そうですね。今までは、偏った感情をギターで表現することが多かったんです。なんかこう、悲しいなら“悲しい”みたいな、1本勝負みたいなギターを弾いていたんですけど……この悲しさの中でも前を向いている感情とか、次に進もう! みたいな感情……二つ以上の感情をギターで表現するというところに、たどり着けたのが「マーブル」で。なんか、自分のギタリスト像みたいなところも、すごくステップアップできたなっていう曲でもありますね。

とーやま校長:うん! こいちゃんはこいちゃんで、ずっと一つ一つ、一音一音というのかな? すごく大事に叩いているな、って思って聴かせてもらったんだけど……?

小泉貴裕(Dr.):そうですね。この曲は本当に……ちゃんと一個一個の楽器としてとらえて、一音一音に表情を持たせるように叩きました。

とーやま校長:スネアと、タムと、……って?

小泉:そう。いつもやったら“ドラム”ってとらえているんですけど、今回は、“スネアはスネア”、“タムはタム”、“ハイハットはハイハット”っていう、それぞれの表情をちゃんと持たせるように一音一音叩いたので。その大事さ、というのは、この曲で表現できていると思います。

とーやま校長:すごく大事に叩いているんだけど、後半のギターソロのところで、こいちゃんのドラムが……感情がもう「やっぱダメだわ、溢れるわ」っていう感じがしました。

古賀:結構、俺とこいちゃんがシンクロする場面ではあるよね?

とーやま校長:そういうのって、話とかするんですか?

古賀:いや、一切話はしていないです。僕はこいちゃんのドラムが出来上がった後にギターを作ったんですけど、こいちゃんの感情を受け取ってそれに僕が返した、って感じですね。


KANA-BOON 『マーブル』Music Video

とーやま校長:ニューシングルの「スターマーカー」は、過去のことも歌っているじゃないですか。でもその過去が、いまの自分の手によって素敵なものにも変えられるし……って歌ですよね。

谷口:そうですね。過去を悔んだり後悔することもあるけど……それが灰色なのか黒なのか、淀んだ色なのかわからないけど、ここからの自分の生き方でそれを何色にでも変えられるし。振り返ったときに、「ちゃんと意味があったんだ」とか「この出来事は自分にとってすごく重要なことだったんだ」と、ちゃんとプラスポジティブにもっていけるように、そのために生きていかなくちゃな、というような……僕らはそんな気持ちです。それが聴く人と気持ちが繋がれば、本望だな、って思いますね。

――ここで、「スターマーカー」をオンエア

とーやま校長:……いいよね。

谷口:うん、いい曲。

とーやま校長:自分たちでそう言えるって、ホント素敵なことよね!

谷口:一番幸せなことかもしれないね。自分たちがこんなに好きやから、「聴いて!」って胸張って言えるし。

古賀・小泉:うん!

谷口:知ってほしいな、とも思うし。

とーやま校長:古賀ブルボンとしては、どういう曲になったんですか?

古賀:この曲は、最近ライブでもやり始めているんですけど、自分たち自身も鼓舞してくれる曲だなと思います。初披露の日は緊張して……お客さんも初めての曲にどうノればいいかわからないじゃないですか。でも「スターマーカー」をやった最初のライブから、お客さんがガっとエネルギッシュに来てくれて。それも相まって、自分たちも鼓舞される曲というか、パワーを持った曲だなとすごく思いましたね。


KANA-BOONスターマーカー』Music Videoアニメ僕のヒーローアカデミア』第4期「文化祭編」OPテーマ

前編はこちら


<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月~金曜 22:00~23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

KANA-BOON 新曲「マーブル」に込めたそれぞれの思い