クラブ・アメリカエクアドル代表MFレナト・イバーラ(29)が家庭内暴力や殺人未遂を含む複数の容疑で裁判にかけられている。

事件が起こったのは先週のこと。イバーラは、エクアドルレジェンドでもあるクレーベルチャラの娘であり妻のルーチェリー・チャラさんに対し、暴行を加えたとされている。

ルーチェリー・チャラさんは妊娠中だったが、イバーラは自身のツイッターで暴行疑惑を否定。「バートナーに暴行したことで逮捕されたという噂について明らかにしたいことがある。その情報は絶対に間違っている」としていた。

しかし、イバーラは身柄を拘束され、日曜日に裁判所へと連れていかれたとのこと。メキシコ『レコルド』によると、妻への暴行は初めてではなかったとのことだ。

また、ルーチェリーさんは病院でお腹の中の子どもについて検査を行ったとのことだ。

なお、家庭内暴力は重大な犯罪とみなされず、6カ月から4年の罰を受ける可能性がある。また、犯行が繰り返されないと認定された場合は、保釈金を払うことで保釈されるようだ。

今回の事件では、イバーラ以外にも兄弟ら4名も拘束されていた。父親のクレーベルチャラ氏は、イバーラに対して許しを与えることを望んでいるようだ。

エクアドルのエル・ナシオナルの下部組織出身のイバーラは、2011年にフィテッセに加入し、元日本代表DF安田理大や元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレー2016年からはクラブ・アメリカプレーし、今シーズンは公式戦21試合に出場し、4ゴール5アシストの数字を残していた。

サムネイル画像