1940年11月16日、ハインツ・グデーリアンはソ連侵攻作戦において重大な役割を担う4つの装甲集団の1つ、第2装甲集団の司令官に就任した。詰めの甘い作戦だった「バルバロッサ作戦」、そしてヒトラーと国防軍の間にうまれた軋轢。華々しい緒戦の勝利にもかかわらずドイツを敗戦国たらしめたものは、何だったのか。『「砂漠の狐」ロンメル』『独ソ戦』の著者である大木毅氏が、伝説の戦車将軍グデーリアンに迫る。第1回/全3回。(JBpress

JBpressですべての写真や図表を見る

(※)本稿は『戦車将軍グデーリアン「電撃戦」を演出した男』(大木毅著、角川新書)より一部抜粋・再編集したものです。

あいまいな目標と不充分な戦力

 1941年6月22日ドイツとその同盟国の軍隊およそ330万がソ連に侵攻した。奇襲を受けたソ連空軍は、あるいは地上で破壊され、あるいは空中で撃墜された。こうして得られた航空優勢の傘のもと、ドイツ軍は猛進し、ソ連西部国境地帯に配置された赤軍諸部隊をたちまち撃破していく。

 世界の軍事筋の多くは、ドイツ軍の鮮やかな成功に圧倒され、ソ連崩壊近しと判断した。無理もないことである。なぜなら、彼らは、ドイツの戦略方針が確定しておらず、また、その戦力はソ連という巨人を倒すには不充分だったという事実を知らなかったのだから。

 ヒトラーと国防軍には、ソ連侵攻作戦「バルバロッサ」を策定するにあたり、重大な見解の相違があったことはよく知られている。ヒトラーは南部ロシアの資源地帯を奪取することを重視したが、国防軍、なかんずくOKH:陸軍総司令部[(以下、OKHと表記)独ソ開戦後、主として東部戦線の作戦指揮を担当するものとされていた。その他の戦域は、OKW:国防軍最高司令部(1938年2月4日に、国防省の後身機関として設立された。以下、OKWと略称する)が管轄する]は首都モスクワを攻略することで、政治、経済、軍事、国民心理のすべてにわたって打撃を与えることを優先すべきだと主張した。ただし、このあつれきは、「バルバロッサ」作戦の計画段階では深刻なものとはならず、2つの方針のいずれを選ぶかという問題もあいまいなままにされた。

 楽観とソ連軍蔑視のなせるわざだった。ヒトラーとOKHは、国境会戦、すなわち、独ソ国境地帯で決戦を行い、敵主力の奥地への撤退を許さず、これを撃滅してしまえば、事実上戦争は終わる、モスクワか、それとも重要資源地帯の占領かという選択は、そのあとに決めればよい、と考えていた。

ドイツ軍の思い込み

 ごくわずかな例外を除き、ドイツ軍の高級将校たちは、これをさほど難しい課題であるとは思っていなかった。当時のソ連軍は、自らの権力が脅かされるのではないかと疑心暗鬼におちいったスターリン1937年に開始した「大粛清」によって、将校の多くを失い、弱体化していたからだ。

 ドイツの将軍たちは、中・西欧の大半を制圧した国防軍の実力を以てすれば、そんな軍隊など鎧袖一触(がいしゅういっしょく)だとみなしたのである。彼らのほとんどが共有していたスラヴ人蔑視も、こうした過誤にひと役買っていたことはいうまでもない。

 だが、かかるドイツ軍のもくろみは、思い込みにすぎなかった。仮に国境会戦で殲滅(せんめつ)的勝利を挙げたとしても、ソ連の国力からすれば、あらたな軍隊が編成され、前線に出現するという事態は、充分考えられることだったし、事実そうなった。

 また、モスクワか、重要資源地帯、あるいは、その両方を奪取したとしても、それで本当にソ連は崩壊するのか。ヒトラードイツ軍首脳部が、この問題を真剣に検討した形跡はない。これもまた、実際にソ連側が計画したように、ウラル山脈までも退いて、徹底抗戦に出た場合、どのような措置を取るのかは、「バルバロッサ」作戦に想定されていないのである。

 結果として、ドイツ軍は長期戦に備えてもいなければ、長駆進撃することが必要になった場合の兵站(へいたん)組織も調えていなかった。ゆえに、華々しい緒戦の勝利にもかかわらず、対ソ侵攻は失敗する運命にあったのだ。

空虚な装甲部隊拡張

 加えて、ドイツ軍の戦力も、ソ連軍という大敵に当たるには不充分であった。とくに、槍の穂先となる装甲部隊に、それが目立った。ここでは、本書の主題であるグデーリアンの装甲集団を例に挙げよう。

 第2装甲集団は、装甲師団五個、自動車化歩兵師団二個、武装SS自動車化歩兵師団一個、騎兵師団一個、自動車化歩兵連隊一個を有していた。これらが、装甲集団麾下の第24、第46、第47自動車化軍団に配属されていたのである(戦闘序列は上図を参照されたい)。

装甲師団の打撃力の低下

 一見、堂々たる兵力であるかとみえる。だが、中核となる装甲師団の打撃力は、前年の西方侵攻作戦に比べて、大幅に低下していた。かつては各装甲師団隷下に二個あった戦車連隊が、一個に減らされていたからである。フランス戦終了後にヒトラーが下した、装甲師団・自動車化師団の数を倍にするという決定ゆえのことであった。

 いくら総統が厳命したところで、当時のドイツには、二個戦車連隊保有を建制とする装甲師団を倍増させるだけの生産力はない。そこで、既存の装甲師団から戦車連隊一個を割譲させ、それを基幹兵力として、新しい装甲師団を編成するとの措置が取られたのである。結果として、装甲師団の数こそ倍になったものの、一個師団あたりの打撃力は、西方侵攻作戦当時よりも減少してしまった。

 自動車化歩兵師団の倍増計画も、ドイツの限られた自動車生産能力からすれば、大きな負担となった。手持ちの機材をかき集めただけではとうてい足らず、占領した諸国の自動車を押収し、また現地の工場に動員をかけて、ようやく所要の数を揃えるといったありさまだったのだ。

 ところが、外国製の自動車を大量に装備した結果、補充やメンテナンスに著しい困難が生じた。部品の補充系統が異なるため、ある自動車化歩兵師団を、別の軍、あるいは軍団に移そうとしても不可能だったのである。

 たとえば、ドイツオペル社製のそれを装備している師団向けの補充・メンテナンス組織は、フランスルノー社製自動車に頼る師団の維持には使えなかったのだ。第二次世界大戦におけるドイツソフトスキン(装甲をほどこしていない自動車輛)の装備体系はカオスであったといわれるが、その背景には、こうした事情があった。

 主たる戦闘装備である戦車についても問題が残っていた。西方侵攻作戦の戦訓より、ドイツ軍戦車の火力不足を認識したヒトラーは、主力となっていたⅢ号戦車に、従来の3.7センチ砲の代わりに、口径5センチ、砲身長60口径(砲身長とは、砲身の長さを砲の口径で割ったもの。この砲身長が大きいほど、装甲貫徹力が増す)の砲を装備するよう要求した。

 けれども、陸軍兵器局は、総統の指示を無視して、短砲身42口径の5センチ砲を採用したのだ。その理由は不明である。が、対ソ戦では、T-34やKV型といった重装甲の戦車と対決することになったのだから、これは痛恨のミスだったといわざるを得ない。のちに、この事実を知ったヒトラーは激怒したが、あとの祭りだった。(第2回https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59645へつづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「名将」ロンメルの名声はいかにして堕ちたか

[関連記事]

「名将」ロンメルの歯車が狂い始めた瞬間

ヒトラーの懸念を一蹴した「大馬鹿者」ロンメル

1941年、ドイツのユーゴスラビア侵攻の際に撃破されたユーゴスラビア軍のFTケグレス=インスタン(Wikipediaより)。