朝日放送テレビ朝日系列にて、1999年から4年間にわたり放送された「おジャ魔女どれみシリーズコミカルビジュアルや「魔法少女」というファンタジックなコンセプト、そして、これまでの“魔法少女もの”とは異なる、「困難を自分たちのチカラで乗り越える」という明確なテーマが、当時の子どもたちに大きな影響を与え、シリーズ最高視聴率は13.9%を記録。その人気は20年経った今なおとどまらず、OP主題歌の「おジャ魔女カーニバル!」は20代カラオケ定番曲にもなっている。

【写真を見る】ついに解禁! 映画「魔女見習いをさがして」の“マジカル”な本ビジュアル

そんな「おジャ魔女どれみ」の20周年を記念し、映画「魔女見習いをさがして」が5月15日(金)より全国ロードショー公開。2019年3月に企 画を発表した際は、Twitterで8万リツイート&11万いいね、また2020年2月に特報映像が解禁されると、Twitterトレンド1位を獲得するなど、大きな注目を集めている。

そんな話題の映画「魔女見習いをさがして」では、このたび、追加男性キャスト3名、さらに本ポスタービジュアルが情報解禁。追加キャストの三浦翔平、石田彰、浜野謙太からのコメントも到着した。

おジャ魔女どれみ」の始まりの場所・MAHO堂のモデルとなった洋館の前で出会った3人のヒロイン・ソラ(CV・森川葵)、ミレ(CV・松井玲奈)、レイカ(CV・百田夏菜子)。年齢も住んでいる場所も、そして悩みも、何もかもが違う3人が、「どれみゆかりの地を巡る旅を通して、大人になって見失ってしまったそれぞれの大切なものを探していく、新たな“魔法”の物語。そんな本作で、3人のヒロインとともに物語を動かす男性キャラクターとして、三浦、石田、浜野の出演が決定した。

ヒロイン3人が「どれみゆかりの地を巡る旅の道中で出会い、「おジャ魔女どれみ」好きという共通点で意気投合、ソラが想いを寄せる大学生・大宮竜一を演じるのは、ドラマ「教場」(2020年1月、フジテレビ系)、「M 愛すべき人がいて」(2020年4月スタートテレビ朝日系)など、話題作への出演が相次ぐ三浦翔平。 昨年3月の「魔女見習いをさがして」企画発表の際には、自身のInstagramティザービジュアルとともに「なんてこった…。ありがとう。」とポスト。さらには自身のラジオ番組でも“勝手に”宣伝していたというほどの「おジャ魔女どれみ」好き。中でも、おんぷちゃんが好きという三浦が、自身同様、おんぷちゃん好きの大学生を演じる。三浦にとって、長編アニメーション映画での声優は本作が初挑戦となる。

東京で一流貿易商社に勤めており、ミレを尊敬している後輩の矢部隼人を演じるのは、声優の石田彰アニメエヴァンゲリオンシリーズ(1995年~)の渚カヲル役や、「銀魂」(2006年ほか、テレビ東京ほか)の桂小太郎役など、数多くのヒット作に出演する実力派だ。

プロのミュージシャンを目指すと言いながらも無職で、レイカに依存しているダメ彼氏・久保聖也を演じるのは、ファンクバンド在日ファンクボーカルリーダーとして活躍する一方、大河ドラマ西郷どん」(2018年)「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(2019年、ともにNHK総合ほか)など、俳優としての活躍もめざましい浜野謙太。三浦同様、長編アニメーション映画での声優は初挑戦となる。

■ あの角を曲がれば、どれみたちに会えるかも…“マジカル”な本ビジュアルが解禁!

公開された本ビジュアルは、“春の陽が差し込む暖かな街を、新しい3人のヒロインたちと旅に出かける”という爽やかな絵に、「不思議なチカラが湧いたら、どーする?」というキャッチコピーも入り、新たな魔法の物語の始まりを予感させる仕上がりに。さらに街角の奥には、どれみたち魔女見習いの姿も描かれており、本編の内容にますます期待が高まる“マジカル”なビジュアルとなっている。

おジャ魔女どれみ20周年記念作品「魔女見習いをさがして」に出演が決まった三浦翔平、石田彰、浜野謙太から、喜びのコメントが到着した。

■ 大宮竜一役・三浦翔平「僕と同じおんぷちゃん好きの役をやらせていただけるのは夢のような気分」

子供の頃、「おジャ魔女どれみ」が好きで見ていましたが、大人になってから見返すと、単なる少女向けのアニメではなく、友情や成長、家庭環境など、子どもたちのリアルな日常を切り取ったストーリーの魅力に、改めて「おジャ魔女どれみ」が好きになりました。

なので、「おジャ魔女どれみ」の最新作が公開されると知って、”勝手に”自身のSNSラジオで宣伝していました(笑)。そしたらまさか、憧れていた”声優”として出演オファーを頂き、本当に驚きと喜びで、二つ返事で「やります!」とお返事させていただきました。

もともと自分がおんぷちゃん推しだったので、僕と同じおんぷちゃん好きの大宮竜一役をやらせていただけるのは夢のような気分です。大宮は、鈍感で、ちょっとドジな一面もありますが、すごくピュア男の子。大宮を演じる上でいろいろ考えていた僕に、監督は「自分の思うままに演じてほしい」と言ってくださり、自然と役に入って演じることができました。

この作品は、「おジャ魔女どれみ」を観ていた方たちはもちろん、初めて観る方にも、忘れていた子どもの頃の気持ちを思い出させてくれる映画となっております。”自分の好きなもの”からつながり、生まれる友情のストーリーです。ぜひ劇場で、どれみたちの”魔法”を体感してください。

■ 矢部隼人役・石田彰「放送当時、一緒に盛り上がっていた友達を誘って、ぜひ劇場へ」

僕が演じた矢部は、主人公の一人、ミレ(CV・松井玲奈)の後輩で、一生懸命しっぽを振って彼女のことを追いかけ、かつ守ろうとする、かわいい子犬系のキャラクターです。女性たちを支える役回りの中で、 彼自身も現実の中で一生懸命生きている、と伝わるように演じました。

おジャ魔女どれみ」が放送されていた当時、毎週オンエアを楽しみにしていて、当日の午後とか翌日とかに「今週の『おジャ魔女』はどうだこうだ」って話で一緒に盛り上がっていた友達を誘って、ぜひ劇場へお越しください。

■ 久保聖也役・浜野謙太「百田さん演じるレイカの彼氏役!…けど、ふたを開けてみたらダメなやつでした(笑)

たいつか声優に挑戦してみたいと思っていたので、オファーを頂いてとてもうれしいです。しかも、百田夏菜子さん演じるレイカの彼氏役!(笑) けど、ふたを開けてみたらダメなやつでした(笑)。僕の演じる聖也は、レイカに依存しているダメな男。けど最初から悪者ではなく、普段はレイカと和気あいあいとしているからこそ、なかなか突き放せないような愛嬌もあるやつです。 脚本を読ませていただき、いろいろなところに希望は転がっているんだ、ということに改めて気付かせてもらえました。

アニメの世界から暖かく力をもらえると思います。現実のみなさんに寄り添って作られているので、観ていただければ、すごく暖かい気持ちになれると思います。

映画「魔女見習いをさがして」は、2020年5月15日(金)より全国ロードショー。(ザテレビジョン

おジャ魔女どれみ20周年記念作品「魔女見習いをさがして」に、三浦翔平、石田彰、浜野謙太の出演が決定!