3月10日の夕方に、V6のリーダーこと坂本昌行が、ツイッターのトレンド入りを果たした。ツイッターのトレンドとは、ユーザーによって今どんなフレーズが書き込まれ注目を集めているかを示すものである。芸能人の個人名に関しては、重大なニュースが生じた時にトレンド入りしやすい。

 そのため、ネット上では「いよいよリーダー結婚か」「V6結婚ラッシュだな」といった先走りの勘違いツイートも多く見られた。実際は、坂本が12年ぶりに主演を務めるミュージカル「THE BOY FROM OZ」のビジュアル公開によるものだった。

 坂本と言えば、1971年生まれで今年49歳となる。ジャニーズタレントの中でもかなりのベテランの域である。V6のリーダーとして、1995年デビューした時は24歳であり、遅咲きと言ってもいいだろう。

 V6は2016年に長野博が白石美帆、2017年に岡田准一が宮崎あおい2018年に森田剛が宮沢りえと結婚を発表し、すでに2007年に瀬戸朝香と結婚していた井ノ原快彦を含め、メンバー6人中4人が既婚者という、ジャニーズアイドルとしては珍しいグループとなっていた。残る独身者である三宅健と坂本の動向に注目が集まるのは必然と言えるだろう。

 坂本は、昨年末には元宝塚女優との朝海ひかるとの真剣交際が報じられている。2018年の舞台『TOP HAT』での共演がきっかけとされる。坂本の女性遍歴で挙げられるキーワードは共演者である。
 坂本の有名な元カノと言えば、モーニング娘。の初代リーダーだった中澤裕子がいるだろう。2001年ミュージカル『フットルース』で共演し、交際に発展した。翌年ごろから交際に発展し、たびたび2ショットが目撃されるも、2010年に破局している。

 次に交際の噂が立ったのも共演者だった。2011年の舞台『ZORRO』で共演した女優の大塚千弘とのデート姿が目撃されるも、こちらの交際も2014年ごろに破局が報じられている。

 共演者キラーとも言える坂本だが、50歳を前にして、何かしらの動きが見られるのかにも期待したいところだ。

画像はイメージです