モスクワを占領し、ソ連を崩壊させるというグデーリアンのシナリオ。対してキエフへ南進することを決断したヒトラー。華々しい緒戦の勝利にもかかわらずドイツを敗戦に至らしめたものは、何だったのか。『「砂漠の狐」ロンメル』『独ソ戦』の著者である大木毅氏が、伝説の戦車将軍グデーリアンにせまる。第2回/全3回。(JBpress

JBpressですべての写真や図表を見る

(※)本稿は『戦車将軍グデーリアン「電撃戦」を演出した男』(大木毅著、角川新書)より一部抜粋・再編集したものです。

第1回 実は弱かった?ドイツ戦車が対ソ侵攻に失敗した理由
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59644

ヒトラーの決断

 1941年8月18日、OKH(陸軍総司令部)は、ヒトラーに決定を迫った。政治・経済・交通の中心地であるモスクワを占領すべく、中央軍集団を突進させるべきだと意見具申したのだ。ところが、8月21日に示されたヒトラーの反応は、にべもないものだった。

 冬の到来前に達成されるべき目標のうち、最重要であるのは、モスクワの占領ではなく、クリミア半島の奪取であり、北方においてはレニングラードを孤立させることだと断じたのである。

 ここで、とくにクリミア半島のことが述べられているのは、ヒトラーが、そこはドイツの戦争遂行に不可欠なルーマニアの油田を脅かす「航空母艦」の機能を果たしていると信じていたからだった。

 重要なのは、かかる判断をもとにしたヒトラーの決断だった。彼は、グデーリアンの第2装甲集団がゴメリとポーチェプを結ぶ線に到達していることに注目し、そこから南進する腹を固めた。南方軍集団をしてウクライナのソ連軍を攻撃させ、これを拘束する一方、第2装甲集団をはじめとする中央軍集団南翼の部隊が、その敵の背後にまわりこみ、一大包囲陣を完成させるのである。

 かくて、1941年8月21日モスクワではなく、キエフをめざすとの命令が下された。グデーリアンが、この南進の意向を知らされたのは、8月22日だった。中央軍集団より、使用可能な装甲部隊を南に向けて開進させることはできるかと照会されたのだ。グデーリアンは、わが装甲集団を同方面で使用するのは根本的に誤っているし、あまつさえ、それを分散するのは犯罪と考えると答えた。

ヒトラーとの対立

 8月23日、中央軍集団司令部に呼び出されたグデーリアンは、来訪したハルダー陸軍参謀総長より、ヒトラーは、モスクワに向かう作戦を中止し、ウクライナに向かう決断を下したと聞かされる。

 グデーリアンは、猛然と反対した。南方への転進は必然的に戦役の長期化を招き、冬季戦への突入につながるとしたのだ。ハルダー陸軍参謀総長も、ボック中央軍集団司令官も、これに同意した。

 その結果、グデーリアンは、ハルダーに同道して、東プロイセンの総統大本営(秘匿名称「狼の巣」)に赴き、ヒトラーに意見具申することになった。ところが、彼を迎えたブラウヒッチュ陸軍総司令官は、もう総統の決定が下されたのだから、議論は禁物だと決めつけ、総統に拝謁しても、モスクワの問題については一言も触れるなと釘を刺してきた。

 だが、実際の会見では、ヒトラーのほうから、この一件を持ち出してきた。2人の会話を、『電撃戦』より引用しよう。

「貴官は、これまで多々働いてきた麾下の将兵が、よりいっそう大きな負担に耐えられると思うかね?」
「一兵卒に至るまで納得できるような偉大な目標を与えられるというのであれば、然りであります」。
「もちろん、モスクワのことを指しているのだろうな!」
「閣下がこのテーマに触れられたのでありますから、どうぞ、その理由を述べることをお許しください」。

 グデーリアンは、持論をとうとうと述べた。首都モスクワは、政治、交通、通信の中心であるのみならず、重要な工業地帯であるから、そこを占領すれば、ソ連国民の受ける衝撃は計りしれない。また、中央軍集団はすでにモスクワ作戦を準備しているのに、南進することになれば、時間もかかるし、装備の損耗や物資の費消を招く。何よりも、「バルバロッサ」作戦が、当初の予定通りの短期戦にならず、厳冬期まで長びくことになれば、モスクワ攻略は至難のわざとなろう……。

 黙って耳を傾けていたヒトラーは、グデーリアンがしゃべり終わると、反論にかかった。ウクライナの資源と食料は、戦争遂行のカギを握っている。これを押さえるためにはまた、クリミア半島を占領して、ルーマニアの油田に対する脅威を除去しなければならない。グデーリアンは、このとき初めて、ヒトラーが好んで使った有名な言葉を聞いた。

「私の将軍たちは、戦争経済について、まったくご存じない」。

 最後にヒトラーは、つぎの戦略的目標であるキエフ攻撃に遅滞なく着手せよと厳命した。

疑わしい処方箋

 このような南進決定の過程は、敗軍の将となったドイツの軍人たちの回想記や証言によって、戦後非常に有名になり、「神話化」された。専門家の将軍たちが、モスクワ攻略という勝利の処方箋を書いたにもかかわらず、「素人」ヒトラーがキエフ転進を決め、それが敗戦につながる致命的なミスとなったというのである。

 しかし、今日では、かかる将軍たちの議論は成り立たないものと立証されている。というのは、8月下旬の時点で、ただちにモスクワへの進軍が実行できたとするグデーリアン以下の主張は、すこぶる疑わしいことが判明しているからだ。イスラエルの軍事史家マーチンファンクレフェルトは、補給面から欧米戦史を分析したユニークな研究書『補給戦』で、こう述べている。

「兵站の状況に鑑み、中央軍集団が8月末にモスクワへ前進することはできなかった。それは間違いない。せいぜい、14ないし17個師団の、装甲師団、自動車化歩兵師団、歩兵師団から成る集団を投入することは可能であったかもしれない。だが、1941年9月末の時点でさえ、その程度の兵力で同市の防御陣を突破することができたかどうか、きわめて疑問である。さらに、モスクワへの接近路は、ウクライナよりも機動戦に不向きであったから、第2装甲集団だけでも補給し得たか、これまた疑わしい」。

 独ソ戦の専門家であるストーエルも、その著書『キエフ1941年』で、中央軍集団は即時モスクワ攻撃にかかれる状態になく、作戦的好機を生かすためには、第2装甲集団等の南進だけが現実的だったと論じている。

 つまり、ヒトラーの決定は、当時の状況からすれば、最適解だった可能性が高いのだ。さりながら、南方旋回によって、戦争に勝つ目が得られたわけでないことはむろんである。

 加えて、モスクワを奪取すればソ連は崩壊するというのは、ドイツの将軍たちの思い込みにすぎないことも指摘しておこう。モスクワ陥落後も、ソ連が抵抗を続けた場合の措置について、彼らがまったく検討していなかったことはすでに述べた。モスクワ占領ですべてが終わるというのは、「バルバロッサ」作戦遂行中にOKHがおちいった願望であり、戦後においては、そうであったにちがいないという仮構でしかないのだ。

 ともあれ、中央軍集団右翼にあった第2装甲集団と第2軍の南進は、短期的には大勝利をもたらした。8月25日、前進を開始した第2装甲集団は、早くも9月14日には、キエフの後ろにあるロムヌィに達していた。

好機を失した南方旋回

 9月10日には、南方軍集団の尖兵(せんぺい)である第1装甲集団がクレメンチュークから、北方への進撃にかかる。両装甲集団は、ソ連軍の激しい抵抗を排除しつつ、9月16日に手をつないだ。ソ連軍四個軍が罠にかかり、巨大な包囲陣が形成されたのである。

 キエフは9月19日に陥落したが、包囲陣内の敵部隊掃討は26日までかかった。スターリンが撤退を禁じ、「拒止し、守り抜き、必要な場合には死ね」と命じたこともあって、ウクライナの防衛にあたっていたソ連南西正面軍は、甚大な損害を出した。捕虜となった将兵の数は、66万5千人におよんだとされる。

 戦史上空前の勝利といえた。しかし、キエフ包囲戦は、その巨大な成功にもかかわらず間尺(ましゃく)に合わないものとなっていた。前出のストーエルは、ヒトラーは、戦闘を制したものの、それによる消耗や時間の費消によって、戦争を失ったのだと評している(強調は大木による)。

 百歩譲って、ドイツの将軍たちのいう通り、モスクワ攻略が戦争終結につながったと仮定するなら、第2装甲集団の南方旋回はたしかにそのチャンスさえも奪ってしまったのである。(第3回http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59646へつづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  「名将」ロンメルの名声はいかにして堕ちたか

[関連記事]

「名将」ロンメルの歯車が狂い始めた瞬間

ヒトラーの懸念を一蹴した「大馬鹿者」ロンメル