攻殻機動隊
1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL攻殻機動隊』をはじめ、アニメーションハリウッド実写映画などさまざまな作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊シリーズ。 最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊S.A.C.シリーズを手掛けた神山健治と、『APPLESEEDシリーズを手掛けた荒牧伸志によるダブル監督、Production I.GSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作スタイルの作品でNetflixにおいて4月全世界独占配信される。そしてこの度、メインキャラクター集結の場面写真が初解禁となった。

少佐・草薙素子、バトー、トグサ、さらにタチコマも!『攻殻機動隊 SAC_2045』場面写真解禁

1月メインキャスト田中敦子草薙素子役、大塚明夫/バトー役、山寺宏一/トグサ役、他)、オープニングテーマmillennium parade × ghost in the shell: SAC_2045)など新情報が解禁されると、そのニュースは瞬く間に世界中に広がり大きな話題になった。 今回解禁された場面写真には、草薙素子、バトー、トグサらが登場! 公安9課を去った後、傭兵として活動している完全義体のサイボーグであり、冷静沈着で判断力、統率力など一級の指揮官で、ハッカースキルも超ウィザード級とされる草薙素子は、仲間からの信頼も厚く、「少佐」という愛称で呼ばれている。 攻殻機動隊 草薙の右腕として全身のほとんどを義体化し「眠らない眼」と呼ばれる義眼を持つ元特殊部隊員のバトー、そして元は警察所属の特捜刑事で、電脳化はしているものの体はほぼ生身だが、草薙が選抜して公安9課メンバーに加えた・トグサの姿も。 公安9課が使用する多脚戦車で、草薙率いる傭兵舞台に参加しており、光学迷彩などの装備でさまざまな局面で、草薙たちをサポートする・タチコマ、と本作でも大きな鍵を握るであろうメインキャラクターが一気に登場している。 攻殻機動隊 攻殻機動隊 攻殻機動隊 舞台2045年に移し近未来を感じさせる風景や、謎のアームスーツに追われる姿も! 草薙、バトー、トグサが写る写真はどこか雲行きの怪しい表情を浮かべる3人の姿が並んでおり、波乱に満ちたシリーズになることを予見させる1枚となっている。果たして彼らの見つめる先には一体何が!? 攻殻機動隊 攻殻機動隊

監督&キャスト集合のスペシャル生配信番組「#キミを笑顔にするアニメ」も決定!

また3月21日(土)、ネトフリアニメ スペシャル番組「#キミを笑顔にするアニメ」、第1部(14:00〜15:00予定)に、『攻殻機動隊 SAC_2045』スペシャルとして田中敦子大塚明夫山寺宏一神山健治監督、荒牧伸志監督の出演が決定した。果たして何が語られるのか。いまだベールに包まれている『攻殻機動隊 SAC_2045』の新情報は解禁されるのか? 日本のみならず世界中が注目する配信番組となること必至だ! Netflixオリジナルアニメシリーズとして4月攻殻機動隊の歴史に新たな1ページが刻まれる。

『攻殻機動隊 SAC_2045』予告編 - Netflix

INFORMATION

ネトフリアニメ スペシャル生配信「#キミを笑顔にするアニメ」

2020年3月21日(土) 第1部:攻殻機動隊特集/攻殻機動隊スペシャル(14:00〜15:00予定) ゲスト(予定):田中敦子大塚明夫山寺宏一神山健治監督、荒牧伸志監督 配信はこちら

攻殻機動隊SAC_2045

攻殻機動隊 NETFLIXにて、2020年4月全世界独占配信!※中国本土を除く 原作士郎正宗攻殻機動隊」(講談社KCデラックス刊) 監督神山健治 × 荒牧伸志 キャラクターデザインイリヤ・クブシノブ 音楽:戸田信子 × 陣内一真 オープニングテーマmillennium parade×ghost in the shell: SAC_2045「Fly with me」 エンディングテーマMilisustain++;」 音楽制作:フライングドッグ 制作Production I.G × SOLA DIGITAL ARTS 製作攻殻機動隊2045製作委員会 メインキャスト 草薙素子田中敦子/荒巻大輔:阪 脩/バトー:大塚明夫/トグサ:山寺宏一/イシカワ:仲野 裕 サイトー:大川 透/パズ:小野塚貴志/ボーマ:山口太郎/タチコマ玉川砂記子 詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.