◎日本の未来を見据えていた12人(第3回)「嵯峨天皇」

JBpressですべての写真や図表を見る

(倉山 満:憲政史研究者)

 我が国には、雨の日も風の日も、嵐の日もあった。時に戦乱や災害、疫病で民が苦しんだこともあった。しかし2680年間、日本は日本であり続けた。日本とは何か。皇室と国民の絆である。万世一系の皇室が一度も途切れることなく続いた。他の国の君主のように、民から搾り取り、危機に民を見捨てることはなかった。

 長い歴史の中では暗君もいたが、亀山天皇や後醍醐天皇のような暗君すら、危機には民の為に祈った。元寇に際し亀山天皇は我が身に代えても国を守ろうとし、飢餓に際し後醍醐天皇は天に対し己の不徳を罰せよと願った。我が国において皇室を廃止しようとする勢力が多数を占めることはなかったし、現に一度も革命は起きていない。

 最近の1000年においても、藤原、平、源、北条、足利、細川、織田、豊臣、徳川と、皇室を凌駕する権力者は数多存在した。その中には皇室を蔑ろにした者もいた。だが、皇室は一度も途切れることなく続いている。

 この秘密は、第52代嵯峨天皇にあると言えば驚きだろうか。歴史教科書では、「空海・橘逸勢とともに三筆の一人と言われた書道の達人」「薬子の変を機に検非違使や蔵人頭を置く」「弘仁格式を整備」とのみ記述されるが、これで何のことかわかる人間などいるはずがない。

 だが、日本人ならば知っておくべき偉大な天皇なのである。

行財政改革に務め、治安維持を強化

 嵯峨天皇は、延暦5(786)年生まれ。父は第50代桓武天皇平安京遷都と坂上田村麻呂による蝦夷平定で知られる。ちなみに、西ヨーロッパ世界の祖とされるフランク帝国初代皇帝のカール大帝と同時代の人物である。

 嵯峨帝の本名は神野親王。12歳年上の兄、平城天皇の皇太弟に立てられた。幼いころから聡明で知られており、父の意向によると伝わる。

 病弱の兄に代わり、大同4(809)年に即位する。23歳の青年君主は当初から治世に意欲的で、まず取り組んだのが、無駄が多いと言われていた地方への観察使の改編であった。格を下げ、特別手当を廃止した。事実上の地方減税である。こうした新帝を快く思わない者もいて、平城上皇のもとに集まる。嵯峨帝は兄の為に旧平城京に宮殿を用意したが、ここを政庁の如く扱い、上皇側近の藤原薬子たちが勝手に命令を出し始めた。京都の平安京と奈良の平城京は、「二所朝廷」と評される有様となった。

 嵯峨帝は対策を講じ、翌弘仁元(810)年、蔵人頭を設置する。重要文書を天皇に一元化し、秘密保持を試みたのだ。今風に言えば、内閣官房の機能強化である。薬子とその徒党を文書行政から締め出し、情報過疎地帯に置いた。さらに謀反の噂を聞きつけ、一網打尽にする。9月10日に動き出し、主だった者を討伐、平城京に坂上田村麻呂を差遣して制圧。薬子は自決、上皇は出家して、13日に終結宣言を出した。いわゆる薬子の変である。この時に強硬論を主張したのが父のブレーンでもあった、空海である。

 戦後処置では、兄の出家と穏便な引退を認めている。また、後に上皇としても恩赦を働きかけた。この時を最後に、保元の乱まで約350年間、戦時を除いて死刑は廃止された。現在のEUは「死刑を廃止していない国は文明国ではない」という理屈を唱えているが、それは我々が1200年前に通った道なのである。

 嵯峨帝は、行財政改革に務めた。律令は制定より100年が経ち、学者や法制官僚たちの間でも解釈が分かれて、説が定まっていなかった。そうした状況を鑑み、嵯峨帝は解釈を『令義解』に統一させた。また、律令の解釈集である格式を整備した。三大格式の嚆矢である弘仁格式である。

 また、検非違使など令外官の設置し、常備軍を確保して治安維持を強化した。

 機内で班田収授を実施して、税の不公平の解消と政府財源確保を行っている。

 さらに、廃れていた多くの宮中行事を復活。この際、儀式の細目を示した『内裏式』全三巻の編纂させている。

 嵯峨帝は漢文に造詣が深く、唐風文化に傾倒したとされることが多い。現に、『凌雲集』『文華秀麗集』『経国集』の三つの勅撰漢詩集が編纂された。ちなみに、最後の遣唐使が派遣されたのは、嵯峨帝が上皇だった承和5(838)年である。

 だが、伝教大師最澄や弘法大師空海の真言宗を保護し、国風文化にも道筋をつける。真言宗の根本道場である東寺は、嵯峨帝の尽力により造営された。都の鬼門に位置する鎮護国家の寺である天台宗の比叡山延暦寺とともに、東寺は平安から中世にかけて日本の歴史において重要な舞台となった。当時の唐は大乱にあり、外国から学ぶのではなく、独自の日本文化を模索する時期であり、最澄や空海、あるいは同時代の橘逸勢や小野篁など、多くの文人が現れた。

権力を手放し文化事業に邁進

 弘仁14(823)年、嵯峨帝は弟の淳和天皇に譲位する。この時、嵯峨帝は自身の経験に鑑みて新帝の上位に存在するのを良しとせず、太上天皇の尊号を拝辞している。だが、それでは新帝の方が収まらず、天皇より尊号宣下がなされる形で決着した。時の天皇と上皇の関係は当人たちの力関係により親政と院政は何度もせめぎ合うが、形式的にはこの時に定まっている。今に続く、上皇と天皇の関係である。

 嵯峨上皇は、自由な生活を謳歌しようとした。あえて儀式を整えないことで、権力を手放したことを明示しようともした。儀式に縛られるのは、天皇だけで良いとの考えだった。しかし、日本において嵯峨上皇ほどの見識を持つ人物はおらず、天皇や廷臣の相談役となった。それでも上皇は発言を極力控え、文化事業に邁進した。

 50人を超える多くの子女にめぐまれ、直系も嵯峨帝の子孫に受け継がれた。現在の皇室も、嵯峨帝と第54代仁明天皇の子孫である。その他の男子の多くは皇籍を離れて源氏の姓を賜る。嵯峨源氏である。以後、直系を継がない皇族は皇籍を離れ、源氏の姓を賜るようになる。皇室には「五世の孫」の原則があり、直系から外れた皇族は五代以内に皇室を離れる。

 今が皇族の数が少なすぎてわかりにくいかもしれないが、皇族の数が多すぎても皇位継承争いが起きる。たとえば、天皇の直系の男系子孫の有名人を思うがままに挙げていっても、平将門平清盛源頼朝佐々木道誉足利尊氏足利義満足利義政足利義昭武田信玄西園寺公望、近衛文麿、等々。あえて動乱期の人々の身をあげたが、もし彼らが皇位継承に名乗りを上げられると想像したら、どれほどの戦乱が巻き起こっていたであろうか。

 それはさておき、嵯峨帝の治世は13年、その後上皇として君臨していた時期は19年、当初の1年を除けば大半は概ね平穏にすごした。

 承和9(842)年8月24日、上皇崩御。その2日後に承和の変が発生、摂関政治の端緒となる。

800年代に日本が実現していたイギリス人の理想

 さて、これほどの天皇であるが、一般の知名度は高いとは言えない。また、低く評価する向きもある。例外は、北畠親房の『神皇正統記』くらいであろうか。『神皇正統記』は南北朝時代に書かれた、歴代天皇の小伝である。その中で親房は、同時代の後醍醐天皇に次いで、嵯峨天皇に紙幅を割いている。神武天皇仁徳天皇天智天皇、天武天皇、聖武天皇桓武天皇白河天皇後白河天皇後鳥羽天皇のような一般に重要と思われている天皇よりも多く、である。

 確かに、嵯峨天皇の時代は、ここにあげた天皇のような大事件は起きていない。それだけに、歴史において印象に残らないのだろう。だが、それこそが偉大さの証明である。

 後醍醐天皇は60年に及ぶ南北朝の戦乱を引き起こした。だから、誰もが知っている。実は「二所朝廷」の時にも、同じような危険があった。ところが、嵯峨帝は3日で鎮圧した。その後に訪れたのは平和である。どちらが偉大か、言うまでも無かろう。親房は、政治権力を求めず、文化的権威として君臨しようとした嵯峨帝を絶賛する。完全に主君である後醍醐天皇への嫌味である。

 また見えにくいが、平安京を「千年の都」にしたのは、嵯峨帝である。もし薬子の変で平城上皇が勝てば、都は平城京に戻っていた。嵯峨帝の勝利により、明治天皇による遷都まで1100年間、平安京は日本の首都だったのだ。

 揉め事は事前に、あるいは簡単に解決する。凄すぎる政治家は、その実像が見えにくい。北条泰時池田勇人も、そうである。そして、得てして低評価を加えられがちである。

 政治史において、譲位後の嵯峨帝は専横と評価されることが多い。自分の子孫に皇位を継承させた点を動かぬ証拠とするし、そこに至る政治過程でそのような評価を可能にする事実があったのも事実だろう。だが、歴史は顕微鏡だけでなく、同時に望遠鏡でも観察されるべきだ。嵯峨帝は「権力を手放す君主」「文化的な権威」であった。これはイギリス人がマグナカルタ以来の伝統と誇る「権威と権力の分離」「立憲君主制」そのものである。イギリス人が1215年にマグナカルタを宣言した時には何の実態も伴わなかった。ところが、800年代の日本はイギリス人の理想を既に実現していたのだ。嵯峨上皇崩御後の皇室は、摂関政治や幕府政治に翻弄されるが、現実の権力を手放していたが故に時の権力者に滅ぼされずに生き残ったと多くの政治学者や歴史学者が指摘している。

 譲位や50人の子作りは、財政逼迫の原因であるとも批判される。だが、賜姓源氏が現実の政治勢力と存在していたから、あらゆることをなした藤原氏でも、自分が皇室に取って代わることはできなかった。また、源氏と足利氏は紛れもなく皇統につながる清和源氏であり、徳川氏も源氏の子孫を称した。嵯峨天皇の影響を抜きに、日本の歴史は語れないのである。

 皇統は危機に瀕しており、このままでは悠仁親王殿下お一人で支えることとなる。また、民は悪政や天災に苦しんでいる。だからこそ嵯峨天皇の御世に学び、未来への道しるべとすべきではなかろうか。昨日と同じ今日を、明日も続けるために。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  西洋より1000年早く文明国を築いた聖徳太子の偉大さ

[関連記事]

日本を救った大久保利通と徳川慶喜の決定的な違い

血生臭い世界を劇的に変えたウェストファリア体制

京都の東寺。空海が嵯峨天皇から賜り真言密教の道場とした