「OOParts」は、「もう一度遊びたい美少女ゲームの人気ランキングTOP10を発表した。このランキングは、クラウドゲーミングラットフォーム「OOParts」が去年11月22日からTwitter上で参加を呼びかけていたキャンペーンを集計したもので、1000票以上の投票があったという。結果は以下のとおり。

1位『車輪の国、向日葵の少女』(2005年
2位『CROSS†CHANNEL』(2003年
3位『パルフェChocolat second brew〜』(2005年
4位『月姫』(2000年
5位『G線上の魔王』(2008年
6位『WHITE ALBUM2』(2010年-2011年
7位『あやかしびと』(2005年
8位『つよきす』(2005年
9位『リトルバスターズ!』(2007年
10位『痕』(1996年

 1位はあかべぇそふとつぅが発売した車輪の国、向日葵の少女となった。罪を犯すと特殊な義務を背負うことになる架空の世界が舞台で、主人公は更正指導する側の「特別高等人」となって、「恋愛できない義務」など、それぞれの義務と罪に向かい合う少女たちと交流していく。シナリオライターるーすぼーい氏による、巧みな伏線が織り交ぜられたシナリオの構造と、泣けるほどの豊かな感情描写は高く評価されている。

(画像はDMM GAMES.R18車輪の国、向日葵の少女』より)

 2位のFlyingShineから発売されたCROSS†CHANNELは、放送部に所属する8人の高校生たちが、誰もいない7日間をループする世界に囚われてしまうストーリー。SF的な世界の謎を解き明かすというよりも、ループを通じて悲痛にも近い少年少女たちの感情をあぶりだした傑作だ。ライトノベル人類は衰退しましたシリーズや、ゲーム最果てのイマなどを手掛けたシナリオライター田中ロミオ氏が注目を集めるきっかけとなった作品でもある。

(画像はDMM GAMES.R18CROSS†CHANNEL-FINAL COMPLETE-』より)

 3位の戯画から発売したパルフェChocolat second brew〜』は、喫茶店を舞台にした恋愛ゲーム。火事で全焼した喫茶店を建て直そうと奮闘する青春と日常の日々が描かれる。さまざまなヒロインが登場するが、主人公アドバイスを送る役割を持つキャラクター夏海里伽子ルートは高く評価されており、パッケージには描かれていないものの真のヒロインと評されることもある。シナリオライターライトンベル冴えない彼女の育てかたゲームこの青空に約束を―など多数の代表作を持つ丸戸史明氏である。

(画像はエンターグラムパルフェ』より)

 そのほかにも、4位にはTYPE-MOON『月姫』ランクイン。現在では入手が困難な名作なため、上位にランクインするのも納得といえるだろう。さらに5位に『車輪の国、向日葵の少女』と同じく、あかべぇそふとつぅ×るーすぼーい氏によるG線上の魔王、6位に丸戸史明氏も携わっているLeafWHITE ALBUM2、7位にpropellerあやかしびと、8位にCandySoftつよきす、9位にKeyリトルバスターズ!、10位にビジュアルノベルの草分け的存在であるLeaf『痕』ランクインした。10本中、2005年の作品が4本を占めるなど、その年の豊作ぶりが伺えるだろう。

 OOPartsオーパーツ)は、美少女ゲームに特化したクラウドゲーミングサービス。OSの違いなどで現代ではプレイ困難な作品を、スマートフォンブラウザなど、さまざまなデバイスからプレイできる環境を作ることを使命としており、現在はベータ版が稼働中。今回のキャンペーンも、OOPartsラインナップに追加タイトルを企業に働きかける一環として行われたもの。今回のようにランキング上位に入るようなファンの熱烈な声があれば、作品が実際にOOPartsに追加されることも、今後ありえるのかもしれない。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman