世界110か国以上で海外留学・語学教育事業を展開する国際教育事業のリーディンカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファーストは、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受けて、東京2020オリンピックパラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」)において語学トレーニングツールとして利用されているオンライン英語学習「EFイングリッシュライブ」を特別措置として無償提供します。2020年4月末まで。

世界110か国以上で海外留学・語学教育事業を展開する国際教育事業のリーディンカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファースト(日本法人イー・エフ・エデュケーション・ファーストジャパン株式会社〈本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:サンチョリ・リー〉、以下「EF」)は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受けて、東京2020オリンピックパラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」)において語学トレーニングツールとして利用されているオンライン英語学習「EFイングリッシュライブ」(https://englishlive.ef.com/ja-jp/olympics-2020/)を2020年4月末までの特別措置として無償提供します。

EFイングリッシュライブは24時間世界中のどこからでも利用できるオンライン英会話の先駆けとして1996年の導入以降、世界中で延べ2000万人を超える個人学習者、および2500を超える法人や教育機関、団体に利用されているオンライン語学学習ツールです。一般英語、ビジネス英語、業界別英語、トラベル英語、試験対策など目的に合わせた豊富なコンテンツと、CEFR(セファール)基準に準じた16段階のレベル別学習で、学習者一人ひとりの “今の語学力” に合わせた学習が可能です。また24時間、世界中のどこからでも参加できるオンライン英会話プログラムでは、有資格者のネイティブ講師による少人数グループまたはマンツーマンレッスンが受講可能。自宅や特定の環境下でもオンライン環境さえ整えば、世界中の同じ語学レベルの英語学習者とつながりながら学ぶことができます。

EFイングリッシュライブの無償提供は学習開始から6か月間利用でき、学習登録の受け付けは2020年4月末までを予定しています。なお、新型コロナウィルスによる影響拡大の状況に応じて登録期間を変更、延期する可能性があります。

今回の特別措置について、EFジャパン代表取締役社長のサンチョリ・リーは「様々な影響が世界規模で拡大する中で、人々が疑心暗鬼になり、多様性に向けた取り組みや機会が失われることを危惧しています。こうした時こそ、世界各地の仲間とつながること、正しい理解を得ること、その手助けをすることが国際教育機関としての我々のミッションだと感じています」とコメントしています。

[EFイングリッシュライブ無償提供概要] 以上

イー・エフ・エデュケーション・ファーストについて
1965年に 『Education First (教育を第一に)』 をモットーに、スウェーデンで設立されたイー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界110か国以上で、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を手掛ける国際教育事業のリーディンカンパニーです。現在、世界中に500を超える事業拠点、及び、直営語学学校を擁し、語学留学プログラム、高校交換留学プログラム、大学・大学院MBAスクールグローバルな教育事業を展開しています。EFでは、独自の英語能力テストや、英語能力を経年的に計測、追跡する世界規模のベンチマークhttps://www.efjapan.co.jp/epi/)の開発・提供にも努めています。また、50年以上にわたり蓄積されたノウハウをベースに、国内外で様々な教育機関、官公庁、自治体、企業に対する語学トレーニング支援事業も行っています。https://www.efjapan.co.jp/  

配信元企業:イー・エフ・エデュケーション・ファーストジャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ