マスク着用の入場、無観客試合の措置…新型コロナウイルスの影響が本田のデビュー戦にも

 ボタフォゴは現地時間15日、リオデジャネイロ選手権の第3節でバングー・アトレティコクルーベ戦と対戦し、1-1と引き分けた。元日本代表MF本田圭佑は先発に名を飾り、PKからデビューゴールを決めた。海外メディアは「本田が奇妙なデビュー」と見出しを打って注目している。

 本田は今冬の移籍市場でボタフォゴに加入した。10日にデビューを予定していたが、体調不良により出場を見送っていた。バングー戦では先発に名を連ねたものの、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により無観客試合の措置が施され、本田も予防策として入場時にマスクを着用していた。

 試合は開始早々の前半6分、本田が的確なスルーパスで決定機を生み出すも、FWルイス・エンリケが相手GKとの1対1を外してしまい、アシスト未遂に終わった。それでも同28分、FWラファエウ・ナバーロが倒されてPKを獲得。キッカーを務めた本田が冷静に決め、初ゴールを奪取した。しかし、後半13分に同点弾を奪われ、本田は同18分に途中交代した。

 オランダメディア「VI」は「本田が奇妙なデビューゴールで飾った」と見出しを打ち、「日曜日ホームゲームデビューした。マスクピッチに入った日本人はPKのキッカーを許され、成功した」と説明。さらに「コロナウイルスの影響により、本田の初陣を見守るサポーターは誰もいなかった」と、異様なデビュー戦となったと指摘している。

 PKという形ではあるが、デビュー戦で初ゴールを記録したのは本田にとって幸先の良い船出となった。それでもマスク姿の入場や無観客試合の措置など、通常ではなかなか起こりえないデビュー戦となったのは確かだろう。(Football ZONE web編集部)

ボタフォゴでデビュー戦を飾った本田圭佑【写真:AP】