【元記事をコミックナタリーで読む】

3月24日に予定されていたイベント「GUMDAM FAN GATHERING-『閃光のハサウェイ』Heirs to GUMDAM-」の公演内容が、同日22時からYouTube Liveなどで配信されることになった。

【大きな画像をもっと見る】

イベント新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催中止が発表されていた。配信では7月23日より上映される「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のメインキャラクターを演じるキャスト陣や主題歌アーティストが明かされる予定。また「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場したアムロ・レイ役の古谷徹と、追加ゲストとして発表されたシャア・アズナブル役の池田秀一による同作の振り返りトークも行われる。

なお「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のプロデューサーであるサンライズの小形尚弘から本イベントの実施やメインキャスト一新に関するコメントが寄せられている。コメントでは「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」のメインキャストモビルスーツキャラクターデザイン、音楽などをリニューアルすることやその理由が語られている。

小形尚弘コメント

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』を楽しみにしていただいているガンダムファンの皆さん、本作のプロデューサーを務めます、サンライズ小形です。

本来であれば皆様の目の前で『閃光のハサウェイ』に関するお披露目を行い、キックオフを分かち合いたかったのですが、昨今の新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、ファンの皆様、キャスト・関係者の安全を第一に考え、無観客での配信番組に切り替えることとなりました。

新型コロナウィルスの影響で苦しい思いをされている方々にお見舞いを申し上げますとともに、一刻も早く通常の生活に戻れることを切に願っております。

さて今までほとんどの情報を伏せてきた本作ですが、形は変わりますが、それらをお伝えする機会を設けることになります。

ご存知の通り、本作の原作は30年余り前に富野由悠季さんが生み出した小説です。その後もゲームプラモデルフィギュアなど多岐にわたり親しみつづけていただいていますが、今回、映画『閃光のハサウェイ』を製作するにあっては、メインキャストモビルスーツキャラクターデザイン、音楽等をリニューアルして臨みます。理由としては、40周年を迎えたガンダム最新作として世界展開を見据えた上での制作・演出上の都合での変更となります。

私自身、30年来の『ハサウェイ』の大ファンではありますが、これまで『ハサウェイ』に関わっていただいた方々にしっかりと敬意を払い、想いを受け継いで新しいチャレンジに臨む所存です。

今回の配信番組ではリニューアルの経緯も、しっかりと皆様にご説明いたします。

ガンダム最新作の名に恥じないフィルムにすべく、スタッフ一丸となって制作に邁進しておりますので、完成まであたたかい目で見守っていただけると幸いです。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

2020年7月23日(木)全国ローショー

企画・製作:サンライズ
原作:富野由悠季矢立肇
監督:村瀬修功
脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザインpablo uchida、恩田尚之、工原しげき
キャラクターデザイン原案:美樹本晴彦
メカニカルデザインカトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦
メカニカルデザイン原案:森木靖泰
色彩設計:すずきたかこ
撮影監督:脇顯太朗
CGディレクター:増尾隆幸、藤江智洋
編集:今井大介
音響演出:笠松広司
録音演出:木村絵理子
音楽:澤野弘之

(c)創通・サンライズ

「GUMDAM FAN GATHERING-『閃光のハサウェイ』Heirs to GUMDAM-」配信告知ビジュアル