アラブの春」のなか、シリアで内戦が始まって丸9年。

JBpressですべての写真や図表を見る

 反政府勢力最後の拠点となっている北西部イドリブ県での戦闘をめぐり、バッシャール・アサド政権の後ろ盾であるロシアウラジーミル・プーチン大統領と反政府勢力(の一部)を支援するトルコのレジェップ・タイープ・エルドアン大統領モスクワで会談した。

 6時間以上にわたる協議の末に停戦に合意、3月6日から発効し、15日から「緩衝地帯」でのロシアトルコ両軍の「共同パトロール」が始まった。

 イドリブ県駐留のトルコ軍部隊がシリア政府軍の空爆を受け36人が死亡、トルコ軍の反撃でシリア政府軍にも多数死傷者が出るなど、情勢が悪化、ロシアトルコの直接交戦への懸念が高まっていた。

 内戦の犠牲者は38万人を超え、国外へと逃れた難民は560万人、国内避難民も600万人以上に及ぶ。

 すでに国内に360万人のシリア難民を抱えるトルコは、これまでEU側からの援助を見返りに引き受けに同意していたが、さらなる増加も憂慮されるなか、2月末、難民に「閉ざされていた」欧州とのトルコ側の国境を「開いた」。

 しかし、「欧州の玄関口」ギリシャブルガリア側の国境は開け放たれたわけではなく、次々やって来る難民に、ギリシャの国境警備隊が催涙弾などを用い威嚇、逃げ惑う彼らは結局立ち往生、野宿する様をメディアは伝えている。

 そんな行き場のない人々の姿はいつかどこかで見た光景・・・。

英仏海峡最狭のドーバー海峡大陸側の都市カレー(Calais)

「通告もなく機動隊が「Le Jungle」を破壊」とのリポーターの声をバックに移民難民が集まり生活する集落「ジャングル」が映し出される

ジャングルは我が家。壊さないで。どこにいけというの?」

そんな横断幕を持つ支援者たちのいる「ジャングル」のテントや掘立小屋が破壊される

「残ったのは300人程。行き場のない人たちです。数週間前は1000人程いました」

「彼らの姿が消えても問題は解決しません。逮捕されてもいずれ解放、新たな居場所を見つけるだけです」

 苛酷な「ジャングル」の現実を伝えるニュースを、フランス、ノルマンディ地方西部、フランス最大のコンテナ港のあるル・アーヴルのカフェバーのテレビで見ているのは、『ル・アーヴルの靴みがき』(2011)の主人公マルセル

 第2次世界大戦中「ノルマンディ上陸作戦」に続く攻防のなか破壊し尽くされ、戦後、建築家オーギュスト・ペレなどにより再建されたル・アーヴルの街は世界遺産にも登録されている。

 映画の舞台は主人公たちのささやかな生活の場である裏通り。

 港で隠れ怯える少年を見かけていたマルセルは、「コンテナに20人の難民 少年逃走中」の見出しが躍る新聞を見せ、靴みがきの仕事仲間「チャン」に問いかける。

「どう思う?」

「答えにくいな」

IDカードをポケットから取り出し

「「彼」は誰?」

「君だろ、チャン

「僕はチャンじゃない。中国人じゃない、ベトナム人なんだ。12年前、列車の屋根に乗ってやって来た。8年かけこのIDを買ったのさ」

社会保障もある、したけりゃ投票もできる。家族も養える。満足さ。「彼」じゃないけど」

 ル・アーヴルはパリを流れるセーヌ川の河口の湾に面し、かつて、多くのフランス人が新大陸へと旅立った港町。

 外国人の「チャン」だけでなく、カフェバーにたむろするフランス人も、その出身地はブルターニュやアルザスなど様々。

 マルセル自身、もとはパリで雑文書きなどしながらきままな生活を送っていた初老の「ボヘミアン」である。

 そんな先の見えた男が行き場のない少年を助け目的地のロンドンに行かせようと東奔西走する物語は、周りのの名もなき人々の善意の協力も得て、執拗な警視の捜査をかわしながら、ファンタジーとも言える人間味をもって展開していく。

 この1、2年、英仏海峡を「越境」しようと行き交う船も多いなか、小船で渡ろうとする者が急増、天候を見極めながら次々やって来る彼らは「Little Armada(小さな無敵艦隊)」などと形容されるが、主流はフェリーに乗るトラックの荷台、コンテナなどに隠れること。

17歳の青年ビラルは、カレーから最終目的地ロンドンへと向かうため、多くの移民難民とともにトラックの荷台に紛れこむ

フェリーへと進むトラックの検問では多くの「密航者」が捕まっている

探知を逃れるため、検閲時はビニール袋をかぶれと言われ躊躇するビラル

再度促され結局かぶったもののパニック状態に陥り・・・

 『君を想って海をゆく』(2009)の主人公ビラルはイラク北部モスル生まれのクルド人

 3か月かけようやくカレーにたどり着くが、途中、トルコ軍につかまり手を縛られたうえ袋をかぶせられ8日間放置された病的体験があり、パニックを引き起こしたのである。

 クルド人は、イラクでも、トルコでも、イランでも、シリアでも、当事国の、大国のパワーゲームに、そして近年は「テロとの戦い」のコマとされ、翻弄され続ける「国を持たない世界最大の民族」。

 カレーユーロトンネルへの入り口でもある北フランスの古い街並みが観光客にも人気の港町だが、1990年代ユーゴ内戦の頃から、移民難民の姿が目立つようになった。

 その後、多くを占めるようになったのがイラクからの人々、特にクルド人

 加えて、アフガニスタンスーダン(ダルフール)、そして、近年はシリアと、その出自は中東、アフリカを中心に様々。

ビラルが、海岸で、海峡を行くフェリー、そして対岸英国の「ドーバーの白い崖」を見ている

場面転じ 水泳のレッスンを受けるビラル

海峡を泳いで渡ろうと考えているようだ

初め移民難民たちとは距離をおいていた水泳コーチシモンも、ビラルを家に泊めまでするようになるが・・・

 ビラルは、母国の現実に加え、未成年で「初犯」だったため、「人道的見地」から、強制出国とはならなかった。

 英国を目指す者の多くは、越境に失敗しても、拘束も短時間。また越境を試みるイタチごっことなっている。

 ビラルは家族とともに既に移住を果たした恋人会いたさにロンドンを目指している。

『ル・アーヴルの靴みがき』の少年は中国人経営のクリーニング店で働くロンドンの母のもとに行こうとしていた。

 その経済力、受けられる公共サービス、言語が英語であることなど、彼らを英国にひきつける理由は様々だが、すでにいる「知り合い」と「同郷」のコミュニティ頼りの者は多い。

『君を想って海をゆく』の原題は皮肉たっぷりに「Welcome」。

 実際、難民認定も合法的「経済的移民」も容易ではなく、様々な「人道的支援」、マルセルシモンのような「善意」の市民、そしてより現実的に、闇のブローカーの助けで入国を試みる者は後を絶たない。

 そして、仮に入国に成功しても、「移民手数料」の借金に苦しみ、「強制労働」で支払うことも少なくないという。

 さらに、先日明らかになった英国内務省が導入を考えるポイント制新移民システム案は、いわゆる「単純労働」で生活向上を願いやって来る「未熟練」移民にとって絶望的なものとなっている。

 一方、『バルニーのちょっとした心配事』(2001/日本劇場未公開)の主人公のような、「英国の利益」になる英国企業の中堅社員なら、仮にブレグジット後に新たにやって来ても「Welcome」に違いない。

 しかし、その私生活は国境を跨ぐトラブルに・・・。

カレー駅でユーロスターにそさくさと乗り組むビジネスマンたち

その一人バルニーは、勤める地元カレーの会社が英国企業に買収され、いまは、毎日ユーロスターに乗り、ロンドンの会社まで遠距離通勤している営業マン

ほどなくロンドンにつき仕事を始めると、続け様、2人の「愛人」と逢引き

しかし、2人から、誕生日プレゼントとして、次々、同じオリエント急行でのヴェネツィアへの旅を贈られ、妻まで同じ旅を計画していたことから・・・

 ドーバー海峡の距離は34キロほど。東京で「30キロ圏」と言えば、日本橋から横浜、大宮、柏、幕張あたり。

 カレーからロンドンまでもユーロスターで55分だから、13万人以上いるという新幹線通勤なら、東京駅近くの一流企業オフィス宇都宮、高崎、三島あたりから通勤しているような感覚である。

 カレーの街は、鉄道が敷かれた頃から交通の要衝。

 今も昔も、ドーバー海峡を渡り、英国からの旅人が大陸の旅を始める地であり、1872年を舞台としたジュール・ヴェルヌの古典冒険小説「80日間世界一周」のフィリアス・フォッグ氏の旅でも、細かな描写はないが、海峡を渡り、カレーから列車に乗り南に向かっている。

 その1872年、ベルギー人実業家ジョルジュ・ナゲルマケールスが国際寝台車会社を創業。長距離列車のなかった時代、独自路線をもたず寝台車を所有し走らせる「国際性」の発想で、EUの精神を先取りした。

 一度は買収されたものの、1876年再建した時にはベルギー国王レオポルド2世も出資。

 1883年、「Occident」たるパリと「Orient」たるイスタンブール間を走る「オリエント急行」が誕生し、ほどなく、英国からの乗客も海峡を越え、カレーから「オリエント」へと向かうようになった。

 すでに1977年、パリからイスタンブールへの直通運転は廃止されているが、観光列車としてのオリエント急行は健在。バルニーのように、何かしらの記念日に、一生の思い出づくりの旅を、という人は多い。

 そんなオリエント急行を世界的に有名にしたのが「ミステリーの女王」アガサ・クリスティ1934年1月に発表した「Murder on the Orient Express(「オリエント急行の殺人」)」。

 物語は、シリアでの事件を解決し、アレッポからトルコを横断する「タウルス急行」に乗車、到着したイスタンブールゆっくり過ごす予定だったベルギー人探偵エルキュール・ポワロが、新たな依頼を受け、急遽英国へと帰るところから始まる。

 シドニー・ルメット監督によるその映画版『オリエント急行殺人事件』(1974)は、その冒頭部を含め、かなり脚色されているが、「国際性」を強調するかのように、イスタンブール駅構内に少々変な日本人アラブ人と思われる人々の姿があり、ポワロの乗るカレー行きオリエント急行の車掌が、英語、フランス語ドイツ語イタリア語、さらには、ハンガリー語スウェーデン語までも駆使し乗客を迎える姿を映し出す。

 そして高揚感高まるワルツに乗って走り出した列車内での豪華な食事。しかし、雪の山中で、列車は行く手を阻まれてしまう。

乗り合わせた国際寝台車会社重役ビアンキが乗客に説明している

「ヴィンコヴツィとブロドのあいだです」

「どこの国なんだ」

ユーゴスラビアです」

バルカン! 何も期待できんな」

そこに車掌がやって来る

ドクターコンスタンチン、ムッシュ・ポワロがお呼びです。あなたもです、シニョール・ビアンキ

 当時、そこには「世界の火薬庫」バルカン半島に成立した南スラブ人の王国「ユーゴスラビア王国」があった。

 そして立ち往生させられた地は、今の国家区分で言えば、クロアチアのヴィンコヴツィとボスニア・ヘルツェゴビナの構成体スルプスカ共和国(セルビア人共和国)の町ブロドの間。

 クリスティは、クロアチア人、セルビア人、ボシュニャク人が隣暮らす地域を意識的に選んだのだろうか。

 冷戦後の欧州で様々な背景をもつ国々の「融和」が進むなか、冷戦期に独自の社会主義による「融和」を推し進めた「ユーゴスラビア社会主義連邦共和国」で民族と宗教の対立が先鋭化、2つの大戦後最大の欧州での内戦となり「解体」、いま、その「旧ユーゴ」の国々に混在するEU加盟国と非加盟国の境界あたりでポワロたちは足止めされたことになる。

 それは、21世紀の世では、様々な出自の移民難民が呉越同舟で向かうEUの「玄関口」で足止めされる姿とも重なる。

コンスタンチンとビアンキが案内された客室では米国人乗客が殺害されていた

ビアンキはすぐさまポワロに捜査を依頼

「ムッシュ、頼みますよ、あなたは断れないはずだ」

ユーゴ警察の仕事です」

「私の列車で私のお客さんを尋問なんて、あってはならないのです!あなたが事件を解決、ブロドについたら、「Fait accompli(既成事実)」を警察に示すのです」

 ビアンキがポワロに捜査を依頼したのは、ポワロが名探偵だったこともあるが、2人は長年の友人ということもあった。

 映画では重役はビアンキという名のイタリア人だが、原作ではブークという名のベルギー人。配役などの事情があったというが、名作の誉れ高い一作もこの脚色はマイナスポイント

 クリスティの設定では、ポワロはかつてベルギー警察の精鋭として知られていた人物。

 国際寝台車会社もその重役も同じベルギーの「同胞」なのである。

 第1次世界大戦中、ポワロは英国に逃れ、エセックスで数人のベルギー人と暮らしていた時、こちらも旧知の友人(ただし彼は英国人)アーサー・ヘイスティングスと再会する様が、1920年発表のクリスティの処女作「スタイルズ荘の怪事件」に描かれている。

 クリスティは、第1次世界大戦中、戦禍を逃れ英国へとやって来た数多くのベルギー人「難民」と出会い、その中の一人の外観にインスパイアされ、ポワロのキャラクターを組み立てたという。

殺された男は偽名の凶悪犯罪の犯人だった

「あなたは言われましたよね、正義を見つけるのが自分の役割だと」

物語のラスト近く、被疑者の1人である女性からこう言われ、ポワロは問いかける

「ここでの正義とは何です?」

女性は答える「時に、法は十分とは言えません」

 2017年製作のケネス・ブラナー主演監督版『オリエント急行殺人事件』は、ルメット監督版以上の脚色があり、シェイクスピア俳優ブラナーらしい雰囲気とともに、ブラナー流の解釈が、説明的に、ドラマチックに、示される。

ポワロの心の声が語る

「私は、人間は理性的で教養ある存在だと、常に、信じようとしてきた。そうした希望、秩序、筋道、そして「小さな灰色の脳細胞(Little Grey Cells)」というよりどころがあって、私という存在がある」

「しかし、今、求められるべきは、おそらく、そのよりどころではなく、心の声を聞くこと」

そして被疑者たちを前に語る

「この事件で、私は、正義の秤がいつも釣り合うわけでないことを知ることになりました。今回だけは、私も、アンバランスとともに生きることを、学ばねばなりません」

 いくら性善説を信じようと努力しても、残念ながら「人道」を外した良心なき行為を平気でできる人間は決して少数ではないことは、それなりの年月、生きていれば認めざるを得ない。

 単純な善と悪の対立ではなく、人命と人道が、そしてその人道と法が対立し、一つの正義ともう一つの正義がぶつかるなか、「小さな灰色の脳細胞」がもたらした結論は、正義を重んじ、犯罪に対し極めて厳格なポワロとしては異例のものだった。

 そんなポワロの母国ベルギーの国王アルベール1世が、この小説の発表から間もない1934年2月、山中で遭難死。

 レオポルド2世崩御をうけ1909年即位、第1次世界大戦ドイツに攻め込まれ、フランス、ル・アーヴルに亡命政府を置いても、国王自身はベルギーの地で最後まで戦いぬき、国民に愛された王だった。

 あとを継いだレオポルド3世は、第2次世界大戦で再びドイツの侵攻を許すと降伏、このとき亡命政府は英国に置かれた。

 歴史的対立を続ける独仏という大国に挟まれ、翻弄され続けたベルギーの首都ブリュッセルには、いま、人権、人道というものを重視する姿勢を明確に打ち出すEUの多くの機関が置かれ、事実上の「ヨーロッパの首都」となっている。

 3月9日、ブリュッセルで、「難民カード」を切ったエルドアン大統領とEUのシャルルミシェル大統領ウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長が会談、問題解決に向け協議がもたれたが、会談後、ミシェル大統領は「政治対話を継続する」と語るにとどまった。

 その根本にあるシリア内戦の停戦も、現実をみての利害調整を図ったもので、過去にも停戦は破られており、イドリブには「テロ組織」も存在、予断を許さない。

 その一方で、EUはギリシャに緊急財政支援、さらにはシリアでの「人道支援」にも資金を投じるとしているが、効果は極めて限定的と言わざるを得ない。

「いまやパンデミックの中心は欧州」とWHOテドロス事務局長が語る事態に、欧州が、そして世界中が、いま、為政者も市民も、感染拡大を続ける新型コロナウィルスへの対応に追われ、各国で「国境管理」の厳格化が進み、ついにはEUも加盟国以外の者の入域を30日間制限、EU内での「移動の自由」さえ制限されつつある現実もある。

 バルニーのような「国境を越え通勤する者」、物流などが、今後どうなっていくのか、経済への影響も計り知れない。

 しかし、「普通の生活」を送ることがいかに幸せか、誰もが痛感するいまだからこそ、「最低限の生活」さえ夢の難民たちのことも身をもって感じ、「最低限の生活」で我慢する時は我慢し、喉元過ぎても、難民に限らず、その「最低限の生活」さえできない人々のことを思い、「理性的で教養ある存在だと信じられる」人間でありたい。

 その「小さな灰色の脳細胞」を最大限駆使して・・・。

1431. バルニーのちょっとした心配事 Barnie et ses Petites Contrariétés 2001年フランス映画(日本劇場未公開)

(監督)ブリュノ・シッシュ

(出演)ファブリス・ルキーニ、ナタリー・バイ、マリー・ジラン、ヒューゴ・スピア

 2人の愛人に、同じオリエント急行での旅を贈られ、妻まで同じ計画をしていたことから苦境に陥るビジネスマンを『ボーマルシェ フィガロの誕生』(1996)のファブリス・ルキーニが演じる艶笑喜劇。

(再) 1352.君を想って海をゆく Welcome 2009年フランス映画

(監督)フィリップ・リオレ

(出演)ヴァンサン・ランドン、フィラ・エヴェルディ、オドレイ・ダナ

 恋人に会おうと、ドーバー海峡を泳いで渡ろうと考えるクルド人青年のひたむきな姿と、執拗な警察の捜査にあいながらも青年を応援するようになる元全仏チャンピオンの水泳コーチの苦悩を、『パリ空港の人々』(1993)などのフィリップ・リオレ監督が描く移民難民の厳しい現実。

(再)1361.ル・アーヴルの靴みがき Le Havre 2011年フィンランドフランスドイツ映画

(監督)アキ・カウリスマキ

(出演)アンドレウィルム、カティ・オウティネン

 フランスの港町で微々たる収入でも妻とともに幸せに暮らす初老の男が、街の人々の協力を得ながら、不法移民の少年がロンドンへと向かう手助けをしようと奔走する姿を独特のユーモアを交え温かな目で描く『過去のない男』(2002)などのアキ・カウリスマキ監督作。

 (再) 805.オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express 1974年英国映画

(監督)シドニー・ルメット

(出演)アルバート・フィニー、マーティンバルサム、リチャード・ウィドマークショーン・コネリージャクリーン・ビセットアンソニー・パーキンス、リチャード・ウィドマーク

(音楽)リチャードロドニーベネット

 真冬の満員のオリエント急行で起きた殺人事件を、たまたま乗り合わせていた名探偵エルキュール・ポワロが「解決」へと導くアガサ・クリスティ原作の有名推理劇を、アルバート・フィニーのポワロをはじめとしたオールスターキャストで描き、新たな魅力を与えた重厚かつユーモアもある作品。リチャードロドニーベネットの音楽も出色。

(再)1350.オリエント急行殺人事件 Murder on the Orient Express 2017年米国映画

(監督・出演)ケネス・ブラナー

(出演)ミシェルファイファー、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップジョシュ・ギャッド、レスリー・オドム・ジュニア

 ユーゴスラビア山中で雪崩にあい行く手を遮られたオリエント急行車内で起きた殺人事件を「解決」へと導く名探偵エルキュール・ポワロを『ヘンリー五世』(1989)『フランケンシュタイン』(1994)などの演技派ケネス・ブラナーが演じ、自ら監督したアガサ・クリスティミステリーの傑作の映画化。

(本文おわり、次ページ以降は本文で紹介した映画についての紹介。映画の番号は第1回からの通し番号)

(1431)バルニーのちょっとした心配事 (1352)(再) 君を想って海をゆく (1361)(再)ル・アーヴルの靴みがき (805) (再) オリエント急行殺人事件 (1350)(再)1350.オリエント急行殺人事件  

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  ブレグジット:欧州の歴史を振り返る

[関連記事]

ベルリンの壁崩壊30年、分断国家の歴史を振り返る

最新作の映画で体験する1969年

イスタンブールの街並み