7月6日(土)に公開され、前作比4割増の大ヒットスタートをきった『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』。本作で、7年にわたるテレビアニメの歴史に終止符を打つ。『銀魂』をより深く楽しむために、すでに全265話につけられた名言揃いのサブタイトルから、特に人生哲学を感じさせる言葉を厳選してご紹介します。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】


週刊少年ジャンプ』にて連載中の人コミック『銀魂』は、異星人が襲来し、大きく様変わりした江戸・かぶき町を舞台に、坂田銀時万事屋がさまざまな事件を解決していくというコメディドラマ2006年テレビアニメ化されて以来、幾度かの“終わる終わる詐欺”を経て、7年間にわたって放映された本作が、『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』でついに完結します。時に視聴者をもハラハラさせる過激なパロディ放送禁止ギリギリのネタは、夕方という放送時間帯にも関わらず大人世代にも幅広いファンを生んできました。特に各話ごとのサブタイトルは、単純に笑えるものからなんとなく人生を考えさせられる深イイもの、物事の核心をついたものまで、大人だからこそ胸に響く秀逸なものが揃っています。今回はその中から厳選した「声に出して言いたい」サブタイトルをご紹介します。

■第5話「ジジイになってもあだ名で呼び合える友達を作れ」

主人公坂田銀時と長い付き合いである桂小太郎は「ヅラ」。銀時のパチンコ仲間・長谷川泰三を「マダオ」(まるでダメなオッさんの略)と、作中にはさまざまなあだ名の人物が登場します。大人になると昔の友人とは疎遠になりがち。腰が曲がっても入れ歯になっても、おかしなあだ名で呼びあえる友情を育みたいもの。

■第22話「結婚とは勘違いを一生涯し続けることだ」

このフレーズにギクリとする既婚男性も多いのでは? 途中で気がついても勘違いしてるフリ。勘違いも一生し続ければ、本当のことになるはず……。

まだある!恋愛観、人生観についても深い格言の数々

■第39話「メニューが多いラーメン屋はたいてい流行っていない」

たまにありますよね、とっちらかっちゃって方向性が見えなくなっちゃってるお店。何事もシンプルに勝負するのが一番。自分の本気を見せるのに、余計なハッタリはいらないんです。

■第53話「ストレスはハゲる原因になるがストレスをためないように気を配るとそこでまたストレスがたまるので結局僕らにできることなんて何もない

ストレスのことを考えることすらストレス。どうせハゲるなら諦めて自然に身を任せれば、生きるのがラクになるかもしれません。

■第73話「そんなに松茸って美味しいものなのか一度よく考えてみよう」

世間の評判や一般論に流されて、自分の意見を見失っていませんか? 世の中の常識とされているものが、すべて正しいわけではありません。

■第81話「女の一番の化粧は笑顔」

電車で必死に化粧している女の子たちに言ってあげたい一言。メイクバッチリの顔よりもにこやかな人でいるほうが、女性としての株もあがります。

■第106話「恋愛ってたいていサドンデス方式」

恋愛も後半戦が終わってからが本番。たとえ戦力では劣っていても、オウンゴールでも得点してしまえばこちらのもの。同時にすでにどうでもよくなっていても、勝負が決しない限りズルズル進んでしまうものでもあります。

■第110話「人は皆 自分という檻を破る脱獄囚」

誰かに決められた枠の中で生きるより、限界を突破してこそ掴める自由。それを追い求めるのが人生なのかもしれません。

劇場版サブタイトルについても考えてみよう

■第136話「己の居場所は己で作るものなり」

この仕事は向いてない、この場所は自分には合わないなど、文句ばかり言ってないでたまには自分の努力で居心地の良い場所を探してみるということが大事。

■第143話「四本足で立つのが獣 二本足と意地と見栄で立つのが男」

たとえみっともなくても、カッコ悪くても、がむしゃらに生きてこそが男! 『銀魂』の登場人物たちには、銀時をはじめこのタイプキャラクターが多く登場します。

■第151話「髪切りながら交わされる美容師との会話は世界で一番どうでもいい

今日は休みですか? 仕事は何を? 昨日テレビ何観ました? あのドラマ観ました? 挙句には最終回ネタバレをされて悲しい気分で帰る、なんてこともありますね。真理です。

■第191話「自由とは無法ではなく己のルールで生きること」

なんのこだわりもなくただ生きていては、自由なことすら感じられません。自分なりの目標や縛りを設けてこそ、可能性は広がるのです。

このように、文字にして眺めてみるとアニメサブタイトルとは思えないほど人生を語る格言が隠されていることがわかります。今回でいよいよ完結となるアニメ『銀魂』ですが、劇場版につけられたサブタイトルは「万事屋よ永遠なれ」。格言とは少し違いますが、きっとこれにも深い意味が込められているに違いありません。原作者の空知英秋自らが描き下したというオリジナルストーリーで語られるアニメ『銀魂』の結末と、このサブタイトルの意味。ぜひとも劇場で確かめてみてみてはいかがでしょうか。

こちらのレポートもどうぞ!
やなせたかし先生の答えもどこか深すぎる。「アンパンマン」の気になる謎 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12996 ]
ONE PIECE』『HUNTER×HUNTER』…こんなにある! 漫画の"休載・復活"事情 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/14416 ]
黒子のバスケ』脅迫問題にみる、“リアル”に影響を与えた漫画の出来事 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/11086 ]
北斗の拳」「ドラゴンボール」「キン肉マン」…少年ジャンプに学ぶ"団塊ジュニア世代"上司の攻略法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15037 ]
ドラゴンボールシリーズで学ぶ、まとまるチームと慕われる上司の条件 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12893 ]


『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』公開中(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会