タレントのホラン千秋が3月15日放送の関西ローカルバラエティ番組「もんくもん」(読売テレビ)で、珍しい短めのスカート姿を披露し、ちょっとした話題となった。

 同番組は、なるみ、メッセンジャー黒田有、ホランが、世にあふれるちょっとした不満「プチもんく」をゲストとともに言いたい放題ぶちまけるトークバラエティ。この日はゲストでトラウデン直美が出演し、ハーフ才色兼備対決ということでひざ上の短めスカートのホランが登場すると、黒田は立ち上がってそのミニ丈のスカートに「はいたことないやん!」と言い、さらに、「完全にマウントとってるやん!」と続けた。一方のなるみは「どうした? どうした?」とツッコミを入れたものだ。

 ホランは前回、デヴィ夫人から艶っぽさが足りないと言われたと説明してミニ丈のスカートを着用した経緯を明かしたが、ネット上では「いつもよりかわいい」「色白美脚がたまらん」と大反響。ゲスト円広志も「おれ、今日仕事にならんねや。脚の血管を散歩したいね」と興奮を隠さなかった。

「ふだんはキャスターズボンロングスカートばかりの印象が強いホランのナマ脚は、新鮮で実にいやらしかったです。慶大在学中のトラウデンは報道番組への意欲もあり、ポスト・ホラン千秋と目されています。ホランがミニ丈のスカを着用したのは、そんなトラウデンへの対抗意識もあったでしょうね」(芸能ライター

 ホランはNスタTBS系)もその姿で出れば、視聴率がグンとアップするかもしれない。

(鈴木十朗)

アサ芸プラス