セガは60周年記念アンバサダーの公式サイトオープンした。記事執筆時点では「爆誕まで、あと5日」と記されており、3月25日に公開予定だ。サイトには、かつてのせがた三四郎を彷彿とさせる、柔道着を着た男性のシルエットの写真が表示されている。

(画像は「セガ60周年記念アンバサダー、3/25爆誕。」より)

 「アンバサダー」とはビジネスにおいて、自社作品の普及を行う人をことを指す。さらに柔道着となると、かつて「藤岡弘、」こと藤岡弘さんが就任し、セガ・サターンの普及に一役買ったアンバサダー「せがた三四郎」を彷彿とさせるだろう。

 せがた三四郎は、シャイニング・フォースIIIザ・ハウス・オブ・ザ・デッドサクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜』など、数々のテレビCMに出演。ゲームのCMにしては破天荒キャラクターは話題となり、主題歌である「セガサターン、シロ!」も大ヒット。さらにせがた三四郎 真剣遊戯』としてゲーム化されたほか、藤岡弘さんはこの縁がありシェンムー主人公の父・芭月巌として出演もしている。

 昨年、開催された「セガフェス2019」では、このせがた三四郎が22年ぶりに復活。藤岡弘さんも当時のままの柔道着のままの姿で出演して、話題となった。

22年ぶりに復活した「せがた三四郎」が熱すぎる。体感80kgのセガサターンを背負い、コントローラー連打で血が出たCM裏話語る

 今回、発表された公式サイトURLは「https://60th.sega.com/segashiro/」となっており、「segashiro」とは新たなキャラクターである「せが四郎」のことなのか、単に「セガしろ」なのか、やはり「せがた三四郎」なのか気になるところだ。

 また3月19日にもセガは、Twitter公式アカウントで「(えっ、なんで)柔道着」とともに「極秘資料」と書かれた資料が写っている写真をツイートしている。

 このアンバサダーの正体はいったい誰なのか、3月25日に公開される続報を待ちたい。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman