大倉忠義(関ジャニ∞)と成田凌が初共演する恋愛映画「窮鼠はチーズの夢を見る」の新たな場面写真がお披露目された。大倉演じる主人公・大伴恭一と成田演じる今ヶ瀬渉が、恋人同士のように部屋でくつろぐシーンをとらえている。

【フォトギャラリー】「窮鼠はチーズの夢を見る」場面写真

本作は、水城せとな氏の人気コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」「爼上の鯉は二度跳ねる」を行定勲監督が実写映画化。受け身の恋愛ばかりを繰り返してきた恭一と、彼に一途に想いを寄せる大学の後輩・今ヶ瀬がセクシャリティを越えて、恋に身を焦がすさまを繊細かつ大胆に描き出す。

場面写真は、恭一と今ヶ瀬の他愛もない日常を切り取ったもの。妻と別れ、独り身となった恭一の元に押し掛けた今ヶ瀬を、初めのうちは拒否していた恭一だが、同居するうちにいつしか密な時間を過ごすようになっていく。該当のシーンでは、恭一は今ヶ瀬の差し出したスナック菓子をためらうことなくパクリとくわえ、その手は無意識に今ヶ瀬の髪に触れている。撮影現場では行定監督の指示のもと、大倉と成田がまるで恋人同士のような雰囲気を作り上げていったという。

そのほか、恭一と今ヶ瀬の関係を揺るがす女性キャラクターの画像も初披露。さとうほなみが演じる恭一の元恋人・夏生と、吉田志織が演じる恭一の同僚・たまきの姿を確認することができる。

「窮鼠はチーズの夢を見る」は、6月5日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。R15+指定。

親密な空気が漂う二人 (C)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会