付き合いが長くなると、次第に“マンネリや“慣れ”が心配になってきますよね。

全く冷める気配がない“仲良しカップル”を見ると、思わず「羨ましい」と感じてしまうことも。

彼と良い関係性でいるためには、いったいどうすればいいのか?

仲良しカップルが“ずっとラブラブ”でいるための秘訣を、4つご紹介していきます!

自分の時間を大切にする

彼氏にとことん愛情を注ぐのは素敵なことです。

しかし、プライベートを犠牲にしてまで恋愛にのめり込むと危険。

どんなに素敵な女性でもマンネリや衝突に繋がるリスクが高まります。

ずっとラブラブでいるためには、付き合ってからも変わらず“自分の時間”を大切にしましょう。

LINEや電話をしすぎれば、男性のプライベートな時間を削ってしまい、重荷になるかもしれません。

彼のことで頭がいっぱいになったら、もっと素敵な女性になるために“自分磨き”をするのがおすすめ。

全身マッサージをしたり、運動・筋トレ美しいボディ作りをしたり、料理を練習して家庭的な魅力を磨いたり……。

また、たくさんの人と会ったり読書をすることは、人間性を成長させるために大切です。

素直に感情を伝える

何気ない一言が“すれ違い”に繋がった経験はありませんか?

「察して欲しい」「言わなくても分かるはず」という姿勢は、だいたいの場合において問題を深刻化させ、相手を疲れさせてしまいます。

できるだけ、彼氏には素直に感情を伝えましょう。

誰しも他人の気持ちは理解しきれないもの。特に男性はストレートな感情表現をする傾向にあるため、女性の心を複雑だと感じます。

「好き」「嬉しい」「楽しい」などのプラスな言葉は、愛されている実感を与えるきっかけに。

「悲しい」「寂しい」「辛い」などのネガティブな言葉は、すれ違いや問題に早く気付くきっかけになります。

ワクワクを共有する

付き合ったばかりの時は、お互いの“好奇心”が刺激されてワクワクします。

ところが、いずれ恋愛への好奇心は落ち着いていくもの。ワクワクを感じなくなった瞬間に、「飽きた」「急に冷めた」などのマンネリを感じるのです。

薄れた好奇心は、“積極的に新しい経験を共有”して補うことができます。

行ったことのない興味がある場所へ出かけて、ワクワクを共有できるデートプランを組みましょう。

手軽に好奇心を刺激できる方法としては“映画デート”がおすすめです。

同じようなデートを繰り返すカップルは、デートを重ねるほどに「会ってもワクワクしなくなった」と感じるように。

一方で好奇心が刺激されたカップルは、いつまでもラブラブ度をキープできるようになります。

喧嘩を長引かせない

付き合っている彼氏とは、なるべく喧嘩したくないですよね。

しかし、価値観が全く同じカップルはごく稀で、“喧嘩を長引かせないこと”が長続きの決め手になります。

上手に喧嘩できるカップルは、お互いに不満を溜め込むことがありません。

“喧嘩”と聞くとネガティブイメージがありますが、喧嘩した方がラブラブでいられるケースもあるのです。

喧嘩でカッとなって過去のトラブルを掘り返すのはNG。

また、日をまたぐほどにすれ違いが深刻化していきます。なるべく早い段階で謝って、「どうすれば同じことが起きないか」を二人で話し合いましょう。

未来志向の考え方をしよう

付き合ったばかりの時は大丈夫なことも、1ヵ月、3ヵ月、半年と期間を重ねるごとに気になってしまうもの。

ずっとラブラブな仲良しカップルは、マンネリしても継続できる関係性を、恋愛初期から築き上げています。

今回ご紹介した項目はどれも、後々どうなるかを見据えた“未来志向”の考え方。

将来円満に過ごすための工夫を、早い段階から少しずつ意識してみましょう。

(岡あい/ライター

(愛カツ編集部)