WEBサイトテレビジョンでは、3月16日~22日の「視聴熱(※)」バラエティー ウィークリーランキングを発表した。

【画像を見る】1位は水上颯のラストマッチとなった「東大王」

■ 1位「東大王」(毎週水曜夜7:00-8:00、TBS系)57640pt

3月18日の放送は、3時間SPで番組を卒業する東大王チーム大将・水上颯ラストマッチ。最後には「クイズ番組でこんなに泣くなんて」と視聴者からのコメントSNSに投稿される熱い展開となった。

2週にわたる放送で、全7ステージバトルとなった今回。東大王チームにとっては水上の卒業と共に、10連勝が懸かった大一番でもあった。対戦相手の芸能人チームには、元東大王の伊沢拓司が大将として全ステージに参加した。

東大王チームが4勝して迎えたファイナルステージは、1対1で行う「超難問早押しバトル」。東大王6人、芸能人14人での戦いとなった。ライフ2つの権利を得た水上はまずトップバッターで登場し、3人抜きを達成したが、山下真司に敗れてしまう。

しかし、その後、伊藤七海が7人抜き、鈴木光が伊沢との対決も制した4人抜きの活躍を見せて勝利。東大王チームは10連勝を達成し、水上の卒業に華を添えた。

その後、水上の“卒業式”として、東大王のメンバー7人と水上の1対1の早押し対決が行われた。早押し対決のあとには、メンバーから水上へ、水上からそれぞれのメンバーへの贈る言葉が交わされ、共に戦ってきた仲間としての言葉の数々が大きな感動を呼んだ。また、水上は鶴崎修功を次の東大王チームの大将に指名した。

そして、伊沢も水上への思いを語り始めると、水上が「最後1個だけわがままを言っていいですか」とさえぎった。「伊沢さんと1問(勝負を)」との願いに、伊沢も「やりたかったんだ…」と喜び、対決のステージへ。

元東大王の大将である伊沢について「僕がクイズを始めたきっかけっていうのも伊沢さんだった」と水上。正真正銘のラストマッチは漢字の部首名しりとりの問題で、伊沢は早押しを制したが不正解。その後、水上が正解を出し、勝利した。

水上は「これからもこの番組を楽しんで観ていってほしいですし、『東大王』という番組をよろしくお願いします」と締めくくった。

■ 2位「雨上がり決死隊トーク番組 アメトーーク!」(毎週木曜夜11:15-0:15、テレビ朝日系)31822pt

3月19日レギュラー放送では、「NEXTお笑い第七世代」をテーマに、はらしょー、そいつどいつ、ラランドらがゲスト出演。翌日の20日には、3時間スペシャルの特番が放送された。

3時間SPは「絵心ない芸人」と「ビビリ-1グランプリ」の2本立て。「絵心―」には、メジャーリーグで活躍する前田健太選手、陣内智則中川家・礼二、乃木坂46・堀未央奈らおなじみのメンバーが登場。今回も衝撃の絵が続々と誕生して、視聴者の笑いを誘った。

前田選手は21日に自身のTwitterを更新。2017年から毎年、番組内で披露した絵のTシャツを着た写真をアップしているが、今回も自身の描いたライオンをバスキア風に加工したTシャツを作ってもらい、着用した写真を公開。「めっちゃいい!私服でいける!笑 僕の絵も加工すればバスキアレベルになるって事ですね。笑」とつづった。

一方、「ビビリ-1―」にはミルクボーイ・内海崇、EXIT・りんたろー。、ぺこぱシュウペイが初参戦。計10個の仕掛けが襲う「ビビリロード」に挑んだが、“ビビリ王”は前回に続いて霜降り明星・粗品が2連覇を達成した。

さらに「出張告知ビビリ」も実施し、ともに4月スタートドラマに出演するHey! Say! JUMP伊野尾慧山田裕貴がえじきに。

4月24日(金)スタートの「家政婦のミタゾノ」(毎週金曜夜11:15-0:15)に出演する伊野尾は、エレベーターに1人で乗ったところに、ビビリ-1名物のラジコン鳥を投入され、尻もちをつくほどに驚いた。さらに、マネキンと握手すると電流が流れる仕掛けにも挑むことになり、告知のためにがんばるが、電流が流れると倒れ込んでしまった。

伊野尾は「アメトーークってこんなにビリビリすごいの?今まで受けたビリビリと違う…。ウチの事務所の規定のビリビリ確認してもらっていい?」とコメントして笑いを誘った。

4月8日(水)スタートの「特捜9 SEASON3」(毎週水曜夜9:00-9:54)に出演する山田は、事務所からビビリと推薦されての登場となったが、ラジコン鳥の仕掛けは飛行ルートが失敗してあまり驚かなかったが、その後のビックリ箱はビビる姿を見せていた。

また、そんな山田は放送前には自身のTwitterで「出られるってことに一番ビビりました(笑)」と書き込んでいた。

■ 3位「人生最高レストラン」(毎週土曜夜11:30-0:00、TBS系)21595pt

加藤浩次がMCを務め、「食を通して、人を知る」をテーマに、さまざまなゲストの食の話題から人生を深掘りするグルメトークバラエティー

3月21日の放送は、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔ゲスト出演。小学5年生でジャニーズ事務所に入り、キスマイとしてのデビューまで13年、そしてデビュー9年目にして初の紅白歌合戦出場を果たした苦楽のアイドル人生に迫った。

そんななか、藤ヶ谷は“人生最悪の一品”で挙げたのが、事務所の先輩である中居正広との食事。食事の席では、メンバーが出演した番組をほぼ見ているという中居から具体的なアドバイスが。そうなると緊張しながら話を聞くという状況になり、気楽にご飯に行って楽しいとは限らないという意味で“人生最悪”とした。

いいエピソードは続き、中居からの印象に残っている言葉として、「“3かき”っていうのをしなきゃだめだと。汗をかいて、恥をかいて、ベソをかく。じゃないと、感動するものは生まれない」ということと、「Kis-My-Ft2SMAPを超えろ」と言われたことを明かした。

また、中居の退所については「すごく寂しい」が、「会見とかも表情とかも柔らかかったですし、でも目には力があって。きっとこれからやりたいことをどんどん探していくんだろうなって。そういう中居さんの姿もしっかり見なきゃなというのと同時に、共演することも絶対にあるんで、中居さんにこいつら大丈夫だなって毎回毎回思ってもらえるように、よりしっかりやんなきゃいけないんだなと今は思っています」と語った。

そこで加藤から「今日の番組、中居くんが見てくれていたら、おい、なんで最悪にしてんだよ(と言う)」とツッコまれると、藤ヶ谷は「俺、やっちゃったのが、(加藤が)最悪じゃないっておっしゃってくださったときに、あの人、マジで最悪なんですよって、多分言わなきゃいけなかったんですよ。中居さんならあそこは最悪で通さないとって、めっちゃ怒られます…」と反省した。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングドラマランキング、またデイリーランキングも発表している。

SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン

3月16日~22日の「視聴熱」バラエティー ウィークリーランキングTOP3