(安田 峰俊:ルポライター

JBpressですべての写真や図表を見る

 1月中旬以来、新型コロナウイルス関連のニュースが全世界を覆っている。最近はイタリアアメリカの事態の深刻化でやや注目が薄れた感があるが、韓国における感染拡大も「カルト宗教による感染爆発」というインパクトが強い話だった。新宗教「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」(以下、新天地教会)の信者内で感染が広がったのである。

 新天地教会は、韓国大邱市近郊出身の李萬熙(イ・マンヒ)によって1984年に創設された、キリスト教新宗教だ。教義のなかで李萬熙をイエス・キリストの再来に位置づけていることから、主流派のキリスト教からは「異端」であるとみなされている(新天地教会側も他のすべての教会はサタンに属するものであると主張しているが)。全世界の信者数は約10万~22万人と諸説あり、日本でも東京都内をはじめ複数の拠点が存在する。

 新型コロナウイルス関連の話では、当初、新天地教会が情報を隠していたうえ、信者にマスク不着用を求めていた、体調不良でも礼拝参加を強いた、感染の拡大が教団のみの責任にならないように他のキリスト教派の集会に信者を潜り込ませていた――と、問題点がすでに数多く報じられている。新天地教会は感染爆発が明らかになってからも、当局にニセの信者名簿を提出していたといい、かなり悪質だ。

 社会的批判の高まりを受けて、3月2日には「キリストの再来」であるはずの教祖・李萬熙が報道陣の前で土下座。対してソウル市がなんと李萬熙を殺人容疑で告発するという騒ぎになった。

 3月17日時点で韓国国内の新型コロナウイルス感染者8413人だが、そのうち新天地教会がらみの感染者は4363人にも及んでいる。

武漢の拠点の信者は約200人

 ところで、新天地教会で感染爆発が起きた直接のきっかけは、彼らが中国の武漢市内に支部を持ち、そこと行き来するなかで韓国にウイルスが持ち込まれたからだとされている。

 ゆえに中華圏では韓国での韓国爆発が伝えられた2月19日ごろから、新天地教会についてのニュースがかなり増えた。

 例えば香港の英字紙『サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)』の2月27日付け記事が、中国国内の新天地教会の幹部に近い筋の情報として報じたところでは、中国における信者はすくなくとも2万人におよび、教団側はさらに、今年のうちに3万人の新たな信者獲得を目標にしていたという。

 教団の信者が多い場所は、北京・上海・大連・長春・瀋陽などの大都市だ。たとえば上海の新天地教会の場合、もともと水曜日土曜日に集会があり300~400人ほどの信者が一堂に会していたのが、取り締まりの強化によって1グループあたり8~10人程度の小集会を乱立させるようになった。

 今回問題になった武漢の拠点も、200人ほどの信者数を抱えていたとされる。2018年、漢口(武漢市内の地区名)にある「聖殿」に上海拠点と同様のガサ入れがなされたため、現在はやはり少人数のグループに分かれて信仰が継続されていた。彼らは地下に潜っていたわけである。

昨年11月から新型肺炎の噂が

『SCMP』紙は記事中で匿名信者(幼稚園教諭、28歳)へのインタビューもおこなっている。その内容は、韓国大手紙『ハンギョレ』の日本語版でも伝えられているので、以下に訳文をそのまま紹介しよう。

「昨年(2019年11月からウイルスに関するうわさが激しくなっていたが、誰も深刻に考えなかった」

新型コロナについて知った直後、教会がすべての集いを中断したが、当時自分も武漢にいた」

「その後もオンラインを通じて説教と教理の勉強などを続け、教会信者の大部分は春節連休頃の1月末に故郷に戻った」

 中国側の発表では新型肺炎の最初の症例は12月8日とされているが、この証言では11月時点から奇病の発生が噂されていたという点が興味深い。だが、新天地教会の信者たちは、武漢のウイルス禍がいっそう本格化した1月に入ってからも布教活動を続けていた。

 3月1日に中国国営放送CCTVが報じたところでは、昨年7月1日から今年2月27日までに中国から韓国に入国した新天地教会の信者は延べ3160人。うち42人が武漢に立ち入ったとされる。ウイルス禍が起きた昨年11月ごろ~今年2月末までの信者の動向は不明だが、当然ながら人の動きはあっただろう。

 韓国へのウイルス伝播は、このようにして中国国内の信者と交流を持った韓国人新者が帰国することで広がったのだ。

エホバの証人を騙って勧誘

 実のところ、今回の一件が明らかになる前から、新天地教会は中国国内において「邪教」とみなされ摘発対象になってきた(ちなみに中国語の「邪教」は日本語の「カルト」とほぼ同じ意味だが、中国の場合は体制に不都合な宗教に対して、たとえ反社会性がなくてもすべて「邪教」扱いする点は注意が必要だ)。

 新宗教関連の当局見解を掲載する『中国反邪教網』によると、2018年16月25日に遼寧省本溪市の民政局が「法によって『新天地教会』を取り締まる布告」を発表。さらに黒龍江省ハルビン市香坊区民政局、綏化市民政局、北京市豊台区民族宗教事務辦公室などでも同様の取り締まり令を出している。

『中国反邪教網』によると、新天地教会は中国国内で行動する際に、実際の教団名を隠してエホバの証人や神様の教会(神様の教会世界福音宣教協会)など、他の新宗教の名前を騙(かた)る例が多かったという。

 また、太原や上海では公益団体を偽装して活動していたほか、各地の大学などに街頭ダンスサークルを作って学生や知識人を引き入れていた。さらに北京においては屋外撮影会や韓国語学習会、無料聖書学習会、ご近所さん交流サークルなどを偽装して青少年を勧誘していたらしい。

 勧誘後、相手がまだ信者にならない段階ではマクドナルドなどで一対一で新天地教会の知識を注ぎ込む。信者にすることに成功すると、信者の身分証と戸籍簿などを提出させて家族の情報を得る――。

『中国反邪教網』の内容は当局がプロパガンダとして発表しているものだが、これらの記述はおそらく実態からそれほど外れてはいないはずだろう。

中国国内の拠点は100カ所以上か

 さらに興味深いのが、2016年10月31日に体制寄りのウェブニュースサイト『察網』に掲載された記事の内容だ。

 新天地教会は韓国国内でヨハネ派・ペテロ派・釜山ヤコブ派・・・と、イエスの十二使徒から名前を取った12の支派が存在する。これらは教義解釈の違いによる宗派ではなく、教区の違いに基づくもののようだ。『察網』によると、新天地教会では一連の支派がそれぞれ、別々に中国に進出しているらしいのである。

 新天地教会の各派は2004年ごろから中国に浸透しはじめ、三自教会(中国国内の体制派プロテスタント教派)の長老や牧師にすら影響力を及ぼしている。新天地教会各派による中国国内の地区組織は、2014年時点で100カ所以上に及ぶともいう。

 最も勢いがあるのはアンドレ派であり、北京・上海・広州・青島・南京・無錫・蘇州・杭州・鄭州・大連・瀋陽など中国各地の大都市のほか、江蘇省・浙江省・安徽省・山東省などでは地方都市にも進出している。

 対してヤコブ派(釜山ヤコブ派かソウルヤコブ派かは不明)は東北部の黒竜江省や吉林省の省内全域を手堅く固めている。さらに内モンゴル自治区から国境の向こうのモンゴル国に向けては、新天地教会のマタイ派が展開しているそうだ。

カルトが勢力を伸ばしやすい中国

 本来、中国では仏教・道教・イスラム教キリスト教カトリックプロテスタントそれぞれ)などの伝統宗教はすべて、中国共産党の指導を受ける全国組織が作られ、党の影響下に置かれる形になっている。

 ゆえにプロテスタントについても「中国基督教三自愛国運動委員会」(全国三自)という統括組織がある。ある意味において、現代の中国では全国三自に組み込まれればプロテスタントを信仰していても比較的迫害されにくいという見方も可能だ。

 だが、中国には体制派の全国三自に組み込まれることを嫌がり、家庭内などの小さなコミュニティのなかで信仰を継続するプロテスタント信者が1億人ほどいる。家庭教会や地下教会と呼ばれている集団だ。

 家庭教会の信者たちは、胡錦濤時代まで(~2013年)はまだしも信仰活動を黙認されていた部分もあったが、強権的な習近平体制が成立してからは徹底的に取り締まられるようになった。カトリックプロテスタントの違いはあるものの、江戸時代の日本の隠れキリシタンに近い存在と言ってもいい。

 当局の宗教弾圧が厳しい現代中国は、布教や活動の難しさがある反面で、一般の人がキリスト教についての基礎知識をほとんど持たず、それを調べる手段も持たない社会である。新天地教会にとっては、教祖・李萬熙を「キリストの再来」だとする際どい教義も怪しまれにくいという点で、かえって勢力を伸ばしやすい部分があったかもしれない。

 武漢から韓国・大邱市への新型コロナウイルスの流入は、信教の自由がない中国での地下信仰と、カルト的な教義を掲げる韓国の新宗教という、中韓両国でともに政府当局が行動を把握しづらい人たちを通じて広まっていったものだったのだ。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  韓国がこれから直面する「IMF危機以上」の地獄

[関連記事]

ダイヤモンド・プリンセス乗客のロシア人医師激白

この非常時を生き抜くため、全国民に「10万円」を

新型コロナウイルスの集団感染が発生した韓国の新興宗教団体「新天地イエス教会」の教祖、イ・マンヒ総会長(88)。ソウル近郊の京畿道・加平で記者会見を開き、謝罪した(2020年3月2日、写真:YONHAP NEWS/アフロ)