近頃の増税や不景気も手伝って、教育費に悩むママも多いはず。また、独身時代の浪費癖が抜けきらず「貯金がまた増えなかった」と落ち込むママもいるでしょう。

【子育て費用】月の平均額発表!男女間で違った「費用負担」に対する考え方

子供の将来に絶対必要になる教育費だからこそ、その貯め方に頭を悩ませるママも沢山います。今回は、子供の教育費を賢く貯めるためのテクニックを紹介しましょう。

無理なく貯まる!教育費の貯め方4つ

教育費は、必ず必要になるお金です。だからこそ、計画的に無理のない範囲でコツコツ貯めて行きたいですね。そこで、無理なく貯まる教育費の貯め方を4つ紹介しましょう。

給料天引き

月の終わりに「残ったお金を貯金する」ということは、なかなか難しいことです。お金さえあれば、誰だって楽しいことに使いたくなるに決まっています。

だからこそ、先取り貯金が大事なのですが、その先取り貯金にも工夫を取り入れたいですね。

給料口座から自動天引き貯金になる金融商品を取り入れるとお手軽です。「給料日に銀行に行くことが難しい」というママや「先取り貯金を忘れちゃう」というママに簡単です。

一定期間は、お金を引き出せないシステムだからこそ貯まりやすいのも魅力の一つ。特別金利が適応されることもありますので、賢く利用したいですね。

学資保険

学資保険は、保険商品の一つなので名義人である親が万が一の場合に「払込が止まり養育費はそのまま満額もらえる」などのメリットがあります。

学資保険は、できるだけ子供が小さいうちに加入しておく方が、月における負担が少なくなります。妊娠中から加入することができる商品もあるので、検討しておきたいもの。

お祝い金などを用意している学資保険もありますが、元金割れのリスクや「どのくらい増えるのか」にも注目したいですね。

学資保険は、その商品が定めた時期にならないとお金が自由に使えないデメリットも持ち合わせています。

子供の出費は、大学入学時などの節目に限りません。受験時期などにも、塾代や検定代にお金がかかることがあります。いつでも引き出せる定期預金積立などと併用して利用したいですね。

ファイルなどを利用した袋分け

銀行に行く暇もないほど忙しいママもいるでしょう。そんな時は、ポケットファイルや銀行袋などを利用して袋分け貯金を行うといいでしょう。

自分が当分使いそうもないお金は、無かったことにして財布から取り出します。そして決まった封筒に納めます。

まとまった額になったら銀行に入金しに行けば、「余っていたお金なのにいつの間にか使っちゃった」ということを防げるはずです。

小銭貯金

財布の中にある小銭を、簡単に開けられない貯金箱やゆうちょ銀行ATMに入金するのもいいでしょう。

ゆうちょ銀行ATMは通帳だけで預け入れができたり、小銭だけを入金することができるので重宝します。出先でも気づいた時に入金すると、貯金癖がつくでしょう。

「小銭だから大した金額にならない」と思っている人ほど、通帳に印字される額にワクワクするはずです。小銭貯金のポイントは、簡単に引き出せないようにキャッシュカードを作らないことです。

家計簿をつけたいママには〇〇が有効!?

忙しいママだから取り入れたい家計簿術3選

特に乳幼児の子育て中は、時間がありません。

「家計簿を付けたいと思ってるけど挫折しちゃう」と思っているママは意外と多いはず。

そこで、忙しいママだからこそ簡単に続けられる家計簿を紹介しましょう。

週予算を決める

毎日の家計簿が難しいママは多いでしょう。

レシートの数字を追うような時間を作れない人でも、月の予算をしっかり守りたいのなら週管理がおすすめです。

例えば「一週間で2万円」などの予算を決めて、その予算を守るようにします。「2万円の範囲なら、何してもOK」と決めれば、気持ちにも余裕が生まれますよね。

予算を守れているようなら事細かな家計簿も必要ありません。

週予算の残金に余裕ができてきたら、先取り貯金を多くしたりして達成感を味わえるといいですね。

アプリの家計簿を利用

ノートに書き出すのは手間に感じる人も多いでしょう。また出先のレシートを「いちいち管理してられない」と思う人もいるはずです。

そんな時はスマホアプリを利用すると、スムーズに管理できるはずです。

口座との自動連携をしてくる無料家計簿アプリなども増えていますから、自分の使いやすいアプリ家計簿を見つけてみてくださいね

一日の予算を決めて財布に追加

給料日に気分が高まって使いすぎちゃう」とか「手元にあるお金は使っちゃう」という性格の人には、毎日テンションが上がる家計管理法がオススメです。

一ヶ月に使えるやりくり費を算出して、一ヶ月の日数で割ると1日あたりの予算が出ます。毎日それを財布に追加すれば、ワクワク感を持ちつつ家計を管理することができるでしょう。

節約できた日のお金は、翌日に繰り越せば給料日前に行くほどお金に余裕がでてくる素敵な家計管理方法です。

無理なくコツコツと貯めるのが正解

教育費は、子供が大きくなるほど重く家計にのしかかってきます。だからこそ、「年間100万」など目標を高く設定したくなりますよね。

しかし、貯金に慣れていないのにも関わらず、目標を高めに設定してしまうと、挫折する理由にもなりかねます。

お金が出ていく時期などを見極めて、逆算してコツコツ積み立てるのが教育費を貯めるコツになります。