16万人が使う国内最大級の外国人専用求人サービスを運営する株式会社JapanWork(本社:東京都新宿区、代表取締役:鈴木 悠人、以下「JapanWork」)が、「同一労働同一賃金」について国内に住む外国人(10代~50代)を対象にアンケート調査※を実施致しました。
アンケート実施期間:2020年3月2日3月19日、回答者:26ヵ国100
【調査結果 概要】

■59%の方が「これまでに理不尽な理由で給与や待遇の差を感じた事がある」と回答。
 主な理由は「国籍」「男女差」「年齢」
■「同一労働同一賃金を知っていますか」に41%の方が「はい」と回答し
  「日本で施行される事を知っていますか?」には67%の方が「いいえ」と回答
■「同一労働同一賃金に期待する事」1位は36%の「昇給」
  しかし、「他の多くの国では一般的な考えだが、日本企業が受け入れるとは思えない」などの意見も。


【調査結果 詳細】
■回答者属性について


■現在の雇用形態について
上記質問に関するコメント(一部抜粋)

■はい
「日本で有名な大学の学生だった時にアルバイトをしていたが、同じ仕事内容だったのにも関わらずバングラデシュ出身の男性は私より低い給料だった。その事について、男性が意見を言うと更に低い給料にされていた」インド出身/20代
「同じ仕事量をしているが、男性のアルバイトの方が多く給料を支給されている」インド出身/20代
「正社員にしかボーナスが支給されない」ネパール出身/20代
「外国籍社員より、日本国籍社員の方が給料が高い」ベトナム出身/20代
「日本では外国籍というだけで、正社員になるのはとても難しい。それが大きな問題だと思う」フィリピン出身/40代
「国籍によって待遇に差がある」ネパール出身/30代
「能力や経験ではなく、年齢によって給料が変わる」フィリピン出身/30代

■同一労働同一賃金について
■(はいと答えた方に伺います)同一労働同一賃金についてどう思いますか?

「他の多くの国では一般的な考えだが、日本企業が受け入れるとは思えない」ブラジル出身/30代
「この制度が悪いとは言わないが、すぐに良い変化が生まれるとは思わない。日本政府は働く現場を変えようと悪戦苦闘しているが、現場は法律や施策を守ろうとしていないと感じる」ブラジル出身/30代
「性別や年齢、国籍に関係なく全ての従業員に平等な待遇や給料が保証されるべき」インド出身/20代
「国籍や年齢などによる差別を無くし、平等な給与制度が可能になるので良いと思う」ペルー出身/20代
「同じ仕事をしていれば、雇用形態に関わらず同じ給料であるべき」ペルー出身/40代


JapanWorkサービス内容
株式会社JapanWorkは2016年2月に創業以来、国内最大規模の16万以上のユーザーを獲得し
自社開発のチャットシステムJapanWork"を通して仕事内容の説明やビザの確認・面接日設定までを代行します。

(1) 採用工数の大幅削減
 ※求人内容の翻訳・集客・フィルタリング・面接日設定まで当社が代行
(2) 高いマッチング率
 ※AIとパーソナルコンシェルジュにより採用条件に適した人材をご紹介
(3) 確かな集客力
 ※ユーザーは国内最大規模の16万人を超え、6割以上が長期雇用が見込める永住者/定住者ユーザー
  短期間で大人数の採用が必要な場合もご安心ください。

株式会社JapanWork 会社概要
会社名 : 株式会社JapanWork
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-18-10 カテリーナ柳通りビル4F
代表  : 代表取締役 鈴木 悠人
設立日 : 2016年2月12日
事業内容: 外国人専用求人サービスJapanWork”の運営
URL   : https://corporate.japan-work.com

配信元企業:株式会社Japan Work

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ