米ワシントンシアトルで、発生した交通事故の現場写真が「どうしてこうなった」と話題になっています。

【写真】交差点の中央で停まっているプリウス

 事故が起きたのは3月7日16時55分ごろ。事故現場に到着した保安官の目には、トヨタ「86」を押しつぶすように乗り上げたスバルアウトバック」の姿が飛び込んできたそうです。事故現場を対応したキング郡保安官事務所が公式Facebookで公開した写真をみると、確かに86の上にアウトバックが鎮座しています……どうしてこうなった

 事故があった場所は2本の道路がゆるやかに合流する地点で、主要道路の片側と合流してくる道路にはそれぞれ一時停止が定められていました。

 その道路で、優先権を持つ車線を走っていた「アウトバック」が交差点に差し掛かったところ、一時停止が定められている反対車線を走っていた「プリウス」が、一時停止を無視して交差点に進入。それを避けたアウトバックは、合流してくる道路の一時停止ラインで止まっていた「86」と正面衝突し、その勢いで乗り上げてしまったというのが今回の事故のあらましとのことです。「いや、そうはならんやろ」とツッコミを入れたくなるような事故ですね。

 幸いなことに事故で重症を負った人はいないそうですが、この事故に巻き込まれた86は北米のみで限定販売されている「86 Hakone(箱根)Edition」で、2019年に発売された新しいモデル。ちゃんと交通ルールを守って一時停止をしていたのに……と思うと、もはや悲劇というしかありません。

どうしてこうなったという感じの事故現場。86に乗り上げているのはスバル「アウトバック」。