季節に合わせたヘアケアで1年中綺麗な髪に
季節

髪の毛の成長にはサイクルがある

人間の髪の毛は、発毛から成長期を経て、育つ早さが鈍る退行期、成長が完全に止まる休止期、脱毛という周期を繰り返しています。

これをヘアサイクルと呼びます。

個人および男女間でも差ががありますが、成長期がだいたい2~6年、退行期と休止期が合わせて半年程度といわれますので、1本の毛髪は順調にいけば3年から長くて7年弱年程度で生え変わる計算になります。

人の髪の毛の本数は10万本程度あるといわれていますが、そのうち100本程度は毎日自然に抜けています。

私たちの髪は「生える→太く長く成長する→抜ける」を一定の周期で繰り返しています。

成長期にある髪の割合は季節により変動するのですが、春から夏にかけては増え、秋にかけて急激に減少します。

秋に抜け毛が増えるのはこのためで、新しい髪が生えるために欠かせない自然の現象なのです。 

洗髪の際に排水溝に溜まった髪や、ブラッシングの際にごっそりと抜けてしまうと、びっくりするかもしれませんが、それが自然な抜け毛であれば、やがて新しい髪が生えてきます。

ただし、これはヘアサイクルが正常に機能している健康な頭皮の場合だけ。

ヘアサイクルが乱れた不健康な頭皮の場合は「生え変わりのための抜け毛」が必ず当てはまるとは限りません。

新陳代謝が髪に影響

ヘアサイクル自体には季節による差はほとんどありませんが、1本1本の毛髪が成長するスピードには季節が関係してきます。

いうまでもなく、髪の毛タンパク質を主原料としてつくられます。

そのタンパク質は、最終的に頭皮に張り巡らされた毛細血管によって毛根まで運ばれます。

また、髪の毛を成長させようという指令も、ホルモンによって毛母細胞に届けられます。

つまり、血流を含む新陳代謝が活発な時期には材料と命令物質が豊富に運搬され、髪の毛の伸びが良くなるわけです。

夏場こそ、美髪キープの好機

人間の新陳代謝が最もいい季節は、気温が高い夏場です。

つまり、夏はほかの季節に比べて髪の毛の成長が速いということです。

例えば、紫外線を含む外界からの刺激によって最も痛みやすいのは毛先ですが、成長が速いと健康な髪の毛が根元からどんどん伸びてきます。

つまり、毛先をカットしてもリカバリーが容易にできるということになるんです。

ただし、伸びてくる新しい髪を健康に保つ必要があります。

きちんとケアすることができれば、夏場こそ美髪を育てる絶好の季節といえるでしょう。

しかし、気温が高いからといって洗って濡れた髪の毛を自然乾燥しがちな季節です。

さらに、5月から9月は特に紫外線が強い時期です。そのため、UV対策が大事になってきます。

紫外線を浴びると、パサついたり、髪色が退色してしまいます。これは髪のキューティクルとメラニン色素がダメージを受けるのが原因です。

UV対策のスプレーオイルをつけて髪を守りましょう。
この時期にきちんとケアすることで、秋冬の乾燥する季節にも潤いをキープできます。

ここからは、季節ごとのヘアケアについて紹介します。

夏は頭皮ケアをしよう

流行りの『塩シャンプー』って何が良いの?

高温多湿の夏は、頭皮トラブルが気になる季節です。

皮脂分泌が増えてべたつきやすくなったり、汗で蒸れてかゆくなったりします。さらに、強い紫外線や室内の冷房の影響で、過度に乾燥してしまうこともあります。

こんな時は、頭皮を健康な状態に保つことが大切です。

不快な症状を取り除こうと、力任せにシャンプーをしてしまう、かゆくて爪を立ててしまうなどの行為は気を付けましょう。

傷ついたところから雑菌が繁殖し、さらなるトラブルを招きます。

夏のシャンプー方法

シャンプー選びにも注意が必要です。

スッキリ」「クールタイプ」などのシャンプーの中には、洗浄力が強すぎるものがあります。

必要な脂分まで落としてしまうと、頭皮のコンディションに影響が出ます。

強くごしごし洗うのではなく、優しく確実に汚れを落とすようなイメージを心がけましょう。

そして週に1~2回スキャルプトリートメントなどで集中ケアするのが効果的です。

たつきがなく、潤いのある理想の頭皮をキープしていきましょう。

秋冬は乾燥に注意!

パサつき、静電気など冬によくある悩みの一番の原因は、空気の乾燥です。

湿度の低さは髪の水分量にも影響するからです。この季節は髪にいかに負担をかけないかがトラブルを軽減するポイントです。

特に摩擦によるダメージ、強い風による絡まり、マフラーや就寝時の枕とのこすれなどには気を付けましょう。

ダメージケアにはトリートメント

秋は夏に受けた髪のダメージをケアすることが重要です。

まずシャンプー後は水気を良く切ってから、最もダメージを受けている毛先を中心にトリートメント剤をつけます。

水滴がポタポタたれていると、有効成分も一緒に流れてしまいます。付けた箇所を手ぐしやコームでなじませれば、均一にいきわたります。

ハイダメージの方は、流すまで10分ほど置いて浸透させましょう。

注意点は、傷みが気になるからといって必要以上に付けないようにすることです。

髪に浸透する量には限界があります。

トリートメント剤が表面に残留しているとパーマやカラーリングなどの仕上がりが悪くなることがあります。

適量をつけしっかり洗い流すことが大切です。

洗い流さないトリートメントを使おう

抜け毛

秋冬には洗い流さないトリートメントが強い味方になります。

オイルタイプミルクタイプなどがあり、脂分を補って水分をキープしてくれます。

ドライヤーやブラッシングの時、お出かけ前、日中乾燥が気になる時に付けるのもおすすめです。

季節ごとに効果的なケアを行うことで、美しい髪がキープできますよ!

どんなにヘアケアを行っても、髪には生え変わりがあるので抜けやすい季節ももちろんあります。

生え変わりの時期にしっかりケアすることで、より健康的な髪が育ちますよ!

脱毛症による抜け毛を見過ごしていませんか?

そもそも普段から抜け毛が多い頭皮は、髪を作り出す力が弱く、また新しい髪が育ちにくい状態にあります。

血行不良や代謝の低下、栄養不足など、抜け毛の要因はさまざまですが、過酷な夏を過ごした後の頭皮環境はかなり悪化しているため、このまま抜け毛の秋を放置してしまうと、抜けた髪がそのまま生え変わらず、薄毛につながってしまうこともあるのです。

まずは今の抜け毛の状態をチェックしてみましょう。自然な抜け毛は毛根が白っぽく丸みを帯びています。

一方で、脱毛症による抜け毛は、髪・毛根ともにふくらみがない、細い毛や短い毛が抜けているなどの特徴が見られます。

これらは頭皮からのSOS

・頭皮が固い
・ベタつく

などの兆候も危険信号です。

いずれかに該当すれば、それは自然な抜け毛ではなく、進行した脱毛症による抜け毛の可能性大。一時の放置も許されません。

薄毛の進行を食い止めるには、今すぐお手入れを強化し、頭皮の土壌を整るケアを急ぎましょう。

抜け毛の秋を、生え変わりの秋に!頭皮のレスキューケア

シャンプーで一番洗わなければいけないのは頭皮です。

指の腹を使って頭皮や毛根への負担とならないやさしい洗い方で、でも汚れはしっかり落としきること。

頭皮のコンディションを健康に保つために、正しい方法で洗髪しましょう。

正しいシャンプーが頭皮トラブルを改善!

・目の粗いブラシで汚れを浮かせ、38~40度ほどのお湯で予洗い

・頭皮を包み込みながら、やさしくマッサージするように洗う

・洗った時間の2倍の時間をかけて、しっかりすすぎ流す

育毛剤の効果を高め髪が生え変わる頭皮に

育毛剤は抜け毛ケアの要。たっぷり塗布してマッサージで育毛効果を高めましょう。

頭皮を柔らかくほぐしていくことで血行不良も改善され、髪を作るための栄養が毛根まできちんと届くようになります。

内側からの栄養補給で髪を作る力をサポート

不要な抜け毛を防ぎ、しっかり髪を育てるには、たんぱく質ミネラルを含むバランスの良い食事が大切。

食事だけではどうしても不足してしまう栄養は、サプリメントを上手に活用しながら十分な栄養を頭皮まで届けてあげましょう。

このように、春夏は紫外線対策、秋冬は乾燥対策や抜け毛対策など季節に合ったヘアケアを行うことで、1年中綺麗な髪を保つことができますよ!

ぜひ今の季節にぴったりなヘアケアを取り入れてみてくださいね

水泳をした後のヘアケア方法って?